教育旅行プログラム

 福島県は全国的に見ても早くから教育旅行に力を入れている地域で特に会津地方は登山、自然観察、カヌー体験(裏磐梯)、歴史街中散策(会津若松市)、農業体験(喜多方市)等プログラムも多岐にわたります。その中でも、裏磐梯高原の魅力を最大限に引き出すカナディアンカヌー体験は是非教育旅行の体験に取り入れていただきたいプログラムです。
 当スクールで使用するカナディアンカヌーは複数同乗(2~3名)することで大人数での受け入れも可能で、協調性、リーダーシップ等学ぶ機会も得られますので資料をご覧いただきご利用をご検討ください。

 印刷用の資料 : edu_canoe.pdf

 また旅行エージェント様向け資料もご用意していますのでご請求ください。

 

曽原湖カナディアンカヌー体験

(1) 3名1組(1艇)で体験
定 員 60名(20艇)
※体験は3名1組(1艇)で実施しますが、参加人数の関係で1艇のみ2名1組実施は可能です。
※乗艇者の総体重が200kg以内になるよう組み分けしてください。
※引率教員は定員に含みません。2名は無料でカナディアンカヌーを1艇ご用意します。これを超える人数は有料になります。
料 金 1名 2,100円(消費税込)

 

(2) 2名1組(1艇)で体験
定 員 40名(20艇)
※体験は2名1組(1艇)で実施しますが、参加人数の関係で1艇のみ3名1組実施は可能です。
※乗艇者の総体重が200kg以内になるよう組み分けしてください。
※引率教員は定員に含みません。2名は無料でカナディアンカヌーを1艇ご用意します。これを超える人数は有料になります。
料 金 1名 3,000円(消費税込)

 

曽原湖カナディアンカヌー体験+カヤック(1名乗り・2名乗り)体験

(3) カナディアンカヌーとカヤック同時開催
定 員 最大80名同時実施可能
 カナディアンカヌー:3名1組 60名(20艇)
 2名乗りカヤック :2名1組 10名(5艇)
 1名乗りカヤック :10名(10艇)
※引率教員は定員に含みません。4名は無料でカナディアンカヌーを2艇ご用意します。これを超える人数は有料になります。
料 金 カナディアンカヌー 1名 2,100円(消費税込)
2名乗りカヤック   1名 3,000円(消費税込)
1名乗りカヤック   1名 3,000円(消費税込)

 

1名乗りカヤック体験

(4) 1名乗りカヤックで体験
定 員 14名(14名艇)
※引率教員は定員に含みません。1名は無料でカヤック1艇をご用意します。これを超える人数に関しては有料になります。
料 金 1名 3,000円(消費税込)

 

教育旅行プログラム 共通事項

実施時間 実質体験時間は最長2時間になります。
午前8:00~12:00、午後12:30~16:00で自由に設定できます。
最少催行人数 (1) 21名(7艇)
(2) 14名(7艇)
(3) 組み合わせ自由に7艇
(4) 7名(7艇)
※小規模校で定数に満たない場合はご相談ください。
安全管理 ガイドレシオ(生徒さんの艇数に対してのガイド数)
 (1)(2)(3) 生徒さん7名に対しガイド1名
 (4)    生徒さん10名に対しガイド1名
※ガイドが2名以上の場合、1名はレスキュー艇(エレキボート等)で同行します。
服装・履物
   ・持ち物
学校指定のジャージ等濡れても良い服装、履物(クロックス等サンダル)、熱中症予防用の帽子もお願いします。
※基本的に手ぶらで結構ですが、水筒、ペットボトル等飲物の準備をお勧めします。
※個人の持ち物は全て各自管理してください。主催者側では責任は負いかねます。
※不安定な乗り物なので稀に沈(転覆)することがあります。
 その場合、着替え場所(風呂、シャワー完備)を無料で準備いたします。
実施形態 (1)(2)(3)はそれぞれ単独実施になりますので組み合わせて実施することはできません。
(4)は(1)(2)と組み合わせ実施可能です。
※陸上講習とカナディアンカヌー、カヤックの発着は全て同一場所で行います。
集合場所 休暇村ホール・多目的広場駐車場
※インストラクターと待ち合わせ後、体験場所までは先導します。
※体験場所にはトイレがありませんので集合後、駐車場トイレで必ず済ませてください。
備 考 多少の人数増加(カナディアンカヌー1艇/3名、1名乗りカヤック3艇/3名)は対応可能です。
但し、増えた分に対してのガイド増加はできません。

 

主催・問い合わせ

曽原湖カヌーセンター(アウトドアと絵本のペンションもくもく内)

〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原曽原山1096-87
  電話 0241-32-3010
  Fax 0241-32-3074
  Mail moku2@nifty.com

   担当 清水 秀俊