裏磐梯日記

 → 最新の日記へ

 → 過去の裏磐梯日記(バックナンバー)

2021年1月1日

 

 新年、明けましておめでとうございます。

 昨年はコロナに振り回され、「新しい生活様式」の言葉が生まれ、大袈裟に言えば人類が目に見えない敵と共存できるか、試された年だったような気がします。その答えが出るのが今年2021年、普通でいることが如何に大切で難しいか再確認する必要がありますね。

 私は延期になった「東京2020オリンピック、パラリンピック」の聖火ランナーに再度選ばれ、パラリンピックのフィールドキャストとしての活動も決定しました。新たな気持ちでオリ&パライヤーを迎えることになります。

 すえちゃんは昨年秋から期間限定で喜多方の保育園で保母として現場復帰しました。長いブランクで戸惑うこともあるそうですが毎日ウキウキ顔で通っています。

 一歩君とサスケ君は御覧の通りストーブ脇でくつろいでいます。今年も仲良し、犬語と猫語が通じているのか不明ですが、二人で留守番をすることが多くなり悪戯の密談?をしているようです。

 2021年も遊びのサポートと美味しい料理とお酒のサービス、そして何よりも居心地の良い宿を目指して“適当”にやっていきますので宜しくお願いします。(もく)

2021年1月6日

 せり、なずな、ごぎょう……これぞ七草! 我が家は毎年七草粥を食べますが、正月呑み過ぎ食べ過ぎで疲れた胃袋には丁度いい食べ物、昔の知恵って素晴らしいですね。
 って呑気なことを言ってる間に東京は要らぬ記録更新をしてしまいました。それに伴い、緊急事態宣言発令とGoTo停止期間延長、全くトホホです。
 年末年始は何時もと違う静かな裏磐梯でしたが、もしかしてシーズン中このまま????(もく)

※今年初?久しぶりの青空で一歩君との散歩も快適でした。

2021年1月9日

 日本海側(昔は裏日本って言ってたよね)を中心に最強寒波の影響で大雪が続いていますね。大昔?(40年位前)住んでいた九州長崎でも雪が降って子供たちが笑顔で雪ダルマを作る映像が流れていました。ここのところずっ~とトップがコロナ関係だったので久しぶりの癒し系?ニュースでホッとしてます。
 こちらも御覧の通り道路脇は雪の壁、昨年はただの雪の山だったので2年ぶりの出現になります。
 さぁ~て明日は……多分除雪で半日潰れそうです。(もく)

2021年1月16日

 最強寒波だったりポカポカだったり忙しい天気、体調管理が大変ですね。ここ数日除雪も一休みですが、ジッとしていられない性格?で雑用に追われています。
 昨夜は毎年恒例の「賽ノ神(どんと焼き)」でした。昨年の秋祭りやそのた行事が中止になる中、新しい年の最初の行事という事もあり規模縮小で何とか実施することができました。
 年始の挨拶をしながら餅、スルメを焼き酒(今年はワンカップでしたが)を酌み交わす……地域に根付いた大切な行事です。今年は全ての行事ができると良いですね。(もく)

2021年1月20日

 2日連チャンの五色沼です。昨日は風叫び、雪刺さる自然の驚異をこれでもか!と体感できるツアーでしたが、今日は穏やか自然は優しいね~
 ツアーでした。昨シーズンは思い出してもおぞましい?雪不足、トレッキングシューズ履いて歩いてたような……
 やっぱり冬は雪景色が似合いますね。(もく)
※沼の写真は冬季限定で見られる黒沼(鯉沼)です。

2021年1月21日

 今朝は冷え込んだ~ 一歩君の散歩コースの木々は花が咲いたような霧氷(橋幸夫の名曲?)、体感氷点下15℃位でしょうか。
 空を見上げれば雲一つ無い青空……勿論、家事?を済ませてゲレンデへGO!!(もく)

2021年1月23日

 今日の朝刊に「ムーンライトながら運行終了」の記事が小さく載っていました。
 国鉄時代から「大垣夜行」として走り続け、私も西へ向かう貧乏旅行の始まりは何時もこの列車でした。ボックスシートはぎゅうぎゅう、車内に漂うタバコの煙、寝不足は当たり前……でもこれから始まる旅の期待がそんな不安を吹き飛ばし、苦にならなかったのは若さゆえでしょうか。
 時の流れと共に移動手段が車や格安夜行バスに変わり快適便利になったけど……昭和がどんどん“むかし”になっていきます。(もく)

※写真は新幹線0系と湘南色の国鉄型車両、懐かしいでしょ。

2021年1月25日

 春の様なポカポカ陽気、五色沼を歩いてきました。
 第一種特別保護地区の五色沼探勝路、夏季は遊歩道を外れて歩くことはできません。でも、冬季積雪があればどこでも行けるのがスノーシューの魅力……
 今日のツアーはオリジナルコースでの散策です。参加者は写真が趣味(一眼レフ持参でした)のHさん一人、プライベートガイド?ですね。

(1) 水の量が少なく湖面全体に苔が広がる「苔沼」は私の命名、「あか沼」の南側に静かに佇んでいます。

(2) 普段弁天沼からは磐梯山は見えません。コースを変えれば御覧の通りちょこっと顔を覗かせくれます。

(3) 今回はこんな出会いが……逃げないところみると弱ってるのかな?

 今日はスノーシューの魅力満載のツアーでした。

2021年2月1日

 先週末は大荒れの裏磐梯、道路脇に車は落ちてるは、スキー場のリフトは止るは、強風&ホワイトアウト!
 そして今日は……ごらんの通り穏やかな1日、下見を口実に“どんなんかんな~(笑福亭仁鶴ギャグ)”でイエローフォールへ行ってきました。予想以上に出来が悪く、昨年を除けばここ数年でワースト3でしょうか。時期的に見てもこれからの期待は??
 でも、裏磐梯の凍結した湖沼の俯瞰、遥かに望む飯豊と朝日の山々、見上げる火口壁……行く価値十分魅力満点です。スノーシューよりウロコ板が楽しいコースかな?(もく)

2021年2月4日

 天気が良い日は滑ったり、歩いたりしてますが、基本的には菅さん(菅総理大臣ってイメージじゃないのは私だけ?)の言い付けを守って、不要不急の外出を控えステイホームしています。
 バイクのレストアも一段落したので、次は毎年30冊位で挫折している年間50冊読破にチャレンジです。常に違うジャンル2~3冊を同時に読むのがマイスタイルなので、まとまった時間が取れるこれから良いペースで読めそうです。
 こんな時だから普段出来ないことを……発想の転換ですかね。(もく)

2021年2月14日

 もうすぐあの日から10年、突然の大揺れで「びっくりしたなもっ~」、被害が出ている地域もあるようですが皆さん地域は大丈夫でしょうか。
 さて、桜が咲きそうなポカポカ陽気、何時ものメンバーの初滑り?と初ツアーで滑りっぱなしの週末でした。裏磐梯スキー場はガラガラ、プライベートゲレンデ状態、土曜日だというのにね~。
 猫魔平も誰とも逢わず(久しぶりにカモシカと遭遇、ラッキー)こちらもプライベートフィールド“初物”満喫!でした。めでたしめでたし。(もく)

2021年2月21日

 五色沼ガイドが続いています。先週は猛吹雪、昨日は晴天、今日は曇り&小雨……積雪も一気に減り春の訪れ?まだ2月なのにね~。
 関東は5月上旬の気温、20℃超えだそうでコロナに続いて花粉も「飛びます、飛びます……」やれやれ、やっぱり春かな。(もく)

2021年2月24日

 実家から車で20分位走ると「都会のローカル線」鶴見線が走ってます。用事を済ませ時間が取れたので久しぶりに鉄分補給してきました。
 廻りは工場地帯、朝夕のダイヤは充実してますが昼間は閑散、これがローカル線と言われる由縁でしょうか。その大川駅は私が好きな行き止まり駅で雑草、朽ちかけた枕木の
柵、傾きかけた踏切かんばん……良い味出してるでしょ。
 もう一枚は海芝浦駅、その名の通り改札口の外はT芝の敷地で社員しか降りられない不思議な駅です。ホームの脇は御覧の通り運河、もしかしてJRの駅で海に一番近いかも……ここ絶景です。(もく)

2021年2月25日

 東京からの帰り猪苗代湖畔を走ってたら横殴りの風雪、これはもしかして……と野生の感?が働き、秘密の場所でこんな写真が撮れました。
 氷の芸術「しぶき氷」は厳冬期の天神浜が有名ですが、条件が揃えば規模は小さいですが他数か所で見られます。
 これから暖かな日が続くという予報が出ているのでこれが今シーズン最後の芸術鑑賞になりそうです。あっ、イエローフォールもう一度見に行こうかな。(もく)

2021年2月27日

 昨日までガチガチだったフィールドが昨晩の降雪(ほんの少しですが……)で歩きやすく散策日和、五色沼をガイドしてきました。
 参加は4名、その内1人はお馴染みM倉さん久しぶりの登場です。他2人は県内キュウリ農家のご夫婦、もう1人は車で日本一周中のナニワ女子、賑やかな顔ぶれです。
 積雪は日に日に減り、気温もポカポカ春を感じながらの仕事?いやっ~楽しかった。(もく)

2021年2月28日

 雲一つ無いドッぴ~かん!! 家でじっ~として居るはずもなく、M知子さん、M倉さんと三人で桧原湖上をクロカンで散策してきました。
 思った通り絶景! 昨シーズン凍結しなかったので2年ぶりになります。
 カラフルなワカサギ釣りテント、疾走するスノーモービル(これはちょっとうるさいですが)、磐梯山と遥か遠くの箕輪山……裏磐梯の冬はこうでなくちゃね。
 今シーズンは週末に好天が続き、お客さん的には良いシーズンになってます。明日から3月、まだまだ遊べますよ!!(もく)

2021年3月1日

 明日天気が崩れそうなので予定入れ替えで雄国山へ登って来ました。好天続き&夜間冷え込みでフィールドガチガチ予想、久しぶりのアイゼン装着です。
 今シーズンは結構降ったイメージですが、絶対量は例年より少なめの様で勿論木々も育って背も高くなってますがブッシュがちょこっと邪魔!滑るにはちょっと……来週滑りに入ろうと持ってるんだけどな??
 でも、良い汗かいた後の360度絶景は何時も通り!これがあるから山歩き(滑り)は辞められないんですよ。(もく)

2021年3月4日

 朝から晴天、春を通り越して初夏?? ゆ、雪が無くなる~
 週末の買い物ついでの寄り道は猪苗代スキー場。五色沼歩いたり、湖上歩いたり、雄国山歩いたりが続いていたので久しぶりのゲレンデテレマークです。猪苗代湖に吸い込まれるような感覚は裏磐梯のスキー場では味わえない醍醐
味ですね。
 滑っていたら頭のデカいゆるキャラ?が滑ってきました。週末に向けての練習でしょうか?(もく)

2021年3月7日

 ほんと、今シーズンの週末は好天続きで参加者は大満足!ガイドする私も大満足??
 今日も御覧の通り雲一つない晴天&どピーカン&爽やか微風……これ以上ない散策日和、S田さんファミリーは夏にカヌー体験をしたアクティブ派、勿論冬もアクティブ全力投球でした。
 コースはガチガチ、スノーシューを履かずに歩くこともできますが、コース外の秘密の場所に行くにはスノーシューの恩恵が必要です。
 所々雪が切れてるところもあり、今週いっぱいが限度かな……(もく)

2021年3月10日

 今日も良い天気??なんですが、朝外見たら風は強いし雪は降ってるし天気予報は確か晴れだったような……
 でもその心配は五色沼歩いていたら即解消!参加の女性が自称晴れ女、勿論私は
最強晴れ男、相乗効果でしょうかご覧の通りドピーカン(今シーズンこの文言結構でてきますね)笑顔がこぼれました。
 今週末は傘マーク、そろそろ限界かな?(もく)

2021年3月11日

 あの日から10年が過ぎました、あの日を覚えていますか? 被災された方は当然あの日の悪夢を、都会の人は帰宅困難でパニックになったことを、遠くに住んでる人は……
 私は震災10日後にボランティアで現地に入りました。好奇心?物見遊山? 今行って何ができる? 色々な葛藤の中、行けば何か手助けができるはず! そのことが背中を押したことは間違いないです。
 屋根に置き去られた車、折れ曲がったレール、避難場所の混乱……その惨状は言葉では表現できないくらいの衝撃だったことを今でも思い出します。
 あの日から各地で続く地震、大雨の自然災害、そしてコロナ騒ぎ……新たな困難が次々と襲ってきますが、福島はまだ原発事故と戦い続けています。
 あの日の事を忘れてはいけない。(もく)

※赤い建物が震災直後の南三陸町防災対策庁舎(写真 上)
※緑色の橋の右側が大川小学校(写真 下)

2021年3月12日

 今日の参加者は男性2名、ご兄弟だそうでお兄さん(中央)が福島に転勤、弟さん(左側)が大阪から遊びに来たそうです。私は妹がいて仲は良いですが、男兄弟で旅行、微笑ましいですね。
 さて、コースは……もう限界! 明日から雨模様だし、14日までの予定でしたが今日でスノーシューツアー終了にしました。降り始めが早く、順調に進んだツアーでしたが一気に降った雪なので締まりが甘く溶けるのが思ったより早かったですね。フキノトウも顔を出したのでもう春です。
 ご参加いただいた皆様ありがとうございました。カナディアンカヌー&カヤック体験はGWスタートです。(もく)

※左端のおじさん何でカメラ目線なんでしょうか?

2021年3月17日

 私用で東京へ行ってきました。時間に制約が無かったので「青春18きっぷ」利用、大廻帰省です。
 行きは(磐越西線~東北本線~両毛線~八高線~中央線)で10時間30分、帰りは(東海道線~常磐線~ひたち海浜鉄道・往復~常磐線~磐越東線~磐越西線で10時間。 開花宣言が出た地域もあり車窓は春の彩、ピンクに染まっていました。
 裏磐梯も春が近づいた予感? 積雪激減、今週のツアーは中止……やれやれ。(もく)

2021年3月20日

 午後から新潟で用事があったので、ついでに……鉄分補給? じゃなくて今日は来週の角田山の下見をサクサクとしてきました。
 雪割草、カタクリ咲く花の山、見事でした。それにしても標高482mから登山道がそのまま波打ち際へ……登山靴のまま砂浜を歩くのってちょっと不思議な感覚ですね。
 来週が楽しみです。(もく)

2021年3月25日

 今日、聖火の炎「平和の火」が福島をスタートします。
 コロナ禍での開催の賛否、M氏の失言、ランナーの辞退等いろいろな問題を抱える中でのスタートになりますが、121日間消えることなく開会式当日まで一人ひとりの思いを込め繋がることでしょう。
 さて、私の出番は明日午後からになります。当日走る距離は約200m、2~3分の走りですがちょっと緊張しますね。まず、転ばないように……明日の雄姿?レポートお楽しみに!(もく)

2021年3月27日

 花の角田山登ってきました。日本海の荒波の音を聴きながら登り始めてすぐ足元で可憐に揺れる雪割草(ミスミソウ)は勿論見頃でしたが、今回目を奪われたのが薄紫の春の妖精カタクリでした。登山道両脇ずっ~と下まで埋め尽くす(大袈裟じゃあないですよ)様は歩くのを忘れてしまいそうです。
 頂上からの展望はガッカリ?な山ですが、少し移動すれば越後平野を俯瞰でき、晴れた日には遠く飯豊連峰を望むこともできます。
 花三昧の0m→481m→0m登山、楽しく歩くことができました。(もく)

※情報が前後しますが聖火ランナーレポートは次回改めてお届けします。

2021年3月29日

 先週25日から福島県をスタートした聖火リレー、2日目喜多方市第7区を間無事完走できました。沿道から知った顔の笑顔の声援と見知らぬ人からの声援、手を振り過ぎてトーチを持つ手より疲れたかな?
 トーチをデザインした人、最高の技術で制作したメーカースタッフ、沿道で人員整理のガードマン等リレー運営に携わった全てのスタッフの思いが詰まった聖火トーチ、実際の重さよりも腕に伝わる重みが増している気がしました。
 昨日栃木県を通過したそうで、これから約100日約1万人の手を繋ぎ開会式会場の聖火台を目指します。国立競技場に無事到着し「東京2020オリンピック・パラリンピック」が成功することを願います。(もく)

※リレーの動画はNHK公式サイト2日目第9区間喜多方市で見られます。前ランナー(6人目)とのトーチキッスから見ることをお勧めします。私が考えたポーズでキッスしてます。

2021年3月30日

 初夏?の東京にいます。
 でも、それにも負けず昼食はお決まりの立ち食いそばです。今回は立ち寄りに難儀していたJR南武線稲城長沼駅前にポツンと一家……じゃないけど、ほんとポツンと建ってる「なかむら」へ。
 おやじさんが丁寧に揚げる玉ねぎ天が絶品! 最後まで飲み干せる汁との相性もバツグン。遠回りしと良かった。(もく)

2021年3月31日

 東京での用事が全て終わったので、帰りは青春18キップ最後の1回を使って相変わらずの遠回り、あんたも好きネ~。
 今回は乗り鉄 + 信越線横川駅の釜めし by おぎのや! 久しぶりの駅弁目当ての旅です。
 新幹線開通前は賑わいを見せた駅も今は私の好きな行き止まり駅に。ホームのベンチで食べてたら旅情気分満点の昼食でした。(もく)

2021年4月2日

 宗太郎君がひとりで遊びに来ています。
 朝一歩君の散歩1時間、桧原湖半周+ラビスパまでサイクリング、そしてスイミング1時間半……これってトライアスロンじゃない??
 今月5日から「まん防」(体の半分スパッツと切られたような魚? それはマンボウ)適用前に遊びに来たと言う訳で、子供たちも見えないところで我慢生活を強いられているんですね、思いっきり弾けていました。
 でも、それに付き合う爺じはヘロヘロ、ご褒美の早めの晩酌でもうお休みモード……です。(もく)

2021年4月6日

 コロナ禍の中、2度目の花の季節が訪れました。
 一歩君の散歩コースにはキクザキイチゲ、マンサクが咲き始め水辺にはミズバショウ、磐梯山も白い所より黒く見える部分が多くなっています。
 緊急事態宣言が解除されGWの予約もボチボチですが入り始め、活気が戻る?? 感染拡大?? 微妙な心持です。(もく)

2021年4月11日

 只今、月山姥ヶ岳山頂!

 

 月山手前、最後の急登手前で一休み。

 

 どっピーカンの月山下見終了。遊びじゃないですよ、来週のツアーの下見、お仕事です。念のため。
 丁度良いザラメと先週積もったモナカの絶妙なバランス? 来週が楽しみだ。晴れると良いね!(もく)

2021年4月12日

 昨日月山で滑ってそのまま新潟へ直行、勿論仕事です。何時もの事ながら時間を作って“ついで”の鉄分補給は忘れていません。
 今回は1984年に廃線した赤谷線、JR羽越本線新発田駅から東赤谷駅を結ぶ鉄路でした。廃線後年数が経っているので遺構は少ないですが、気動車がのんびり走っていたのでしょう静かな田園風景が続いていました。(もく)

2021年4月15日

 東京からの帰りです。車を使う予定が無かったのとコスパを考え高速バスにしました。混雑を避けたいので問い合わせたら乗車率2、3割との事。安心して乗ったら乗客は2名、今乗ってる帰り便は3名……
 ドライバーさんに聞いたら乗客0の日も有るとか。GWを前に不安な実態に遭遇してしました。
 写真は時間調整で途中下車して出会ったサザエさん家族と、渋沢栄一で盛り上がっている王子の記念館です。(もく)

2021年4月18日

 本来今週は月山&浄土平スキーツアーでしたが、2日間とも雨予報(見事的中しました!)で中止、来週へ延期しました。
 午後から御覧の通りの若干吹雪の天気に……山は積ってるんだろうな~。
 4月中旬、会津も桜が見頃を迎えたと言うのに、裏磐梯の春の花は寒そうにしています。(もく)

2021年4月24日

 先週悪天候で延期した月山ツアー、今日は参加者笑顔で無事終了、天気は想像にお任せします。丁度いい薄いザラメで高速ターンも“バッチグ~”(当然死語)、これぞ春スキー!
 急遽2名キャンセルで参加者はお馴染みのO本さんとO田野さんの2名でしたが、足前も揃っていたのでサクサクと楽しめました。
 明日は浄土平、天気は曇りです。(もく)

2021年5月1日

 GWスタート!でも、すごく寒い裏磐梯です。薪ストーブ焚いて、石油ストーブも再登場、流石の私も長袖着てます。そんな中、今シーズンの「曽原湖カナディアンカヌー・カヤック体験」が始まりました。
 コロナの影響か、寒さが理由か午前午後それぞれご家族一組の参加者でしたが初日にしてはまずまず、明日からは満員御礼!お得意のトークも滑らかになる……かな?(もく)

2021年5月3日

 悪天候続きのGW、ミゾレ交じりの雨じゃ寒いのも当然! 昨日の午後は雨天中止、今日は土砂降りで1日中止、明日は天気回復しそうだけど……
 裏磐梯の人出は予想を超えて?首都圏ナンバーの車で溢れてます。1年前のGWは車もチラホラ、人もチラホラ……我慢も限界、慣れも出てきたのでしょうか。(もく)

※写真は昨日の午前、奇跡的な青空の下の体験でした。

2021年5月4日

 昨日の豪雨がウソの様な青空が広がった本日、午前午後湖上生活してました。
 曽原湖畔のキャンプ場も定員半分での営業だそうでちょっとガラガラ感、テン
ト間はソーシャルディスタンスです。勿論体験のカヌー間もソーシャルディスタン
ス?で実施しているのでご安心ください。
 明日の午後はまた雨天予報、午前中が勝負!!……でしょうか。(もく)

2021年5月5日

 GW最終日、帰る前にもう一遊び……?と言う訳でもないでしょうが、午前コースに参加が集中しました。午後が雨予報というのも重なったかな?
 コロナ禍2度目のGW、自粛疲れと俺は大丈夫!?で人出もそこそこでしたが、何より報道される「観光地では昨年のGWの3~4倍の人出……」って、去年は出歩けなかったんだから比べること自体???って思うのは私だけでしょうか。(もく)

2021年5月9日

 今日までGWの続きで休みだった方が少数派として存在しているようで、キャンプ場のテントもチラホラ、カヌー体験の参加も2組いらっしゃいました。
 しかし、天気は今年のGWを象徴する様な冷たい雨、更に風も吹き始めてきたので少し早めに切り上げました。
 でも、参加者は満足したようで「次回は暖かい日に是非参加したい」との事。待ってますよ!(もく)

2021年5月10日

 昨年、コロナ禍で時間をもて余していたので狩猟免許を取りました。今年度、村の害獣駆除隊のお手伝いをする事になり先週初仕事、括り罠と箱罠の設置をしてきました。
 今朝、早速の捕獲連絡があり現地に行くと猪が……熊の檻も設置してあるのでそのうちそっちにも……(もく)

2021年5月12日

 今週末、スキーツアー最後のプログラム「月山滑り納めツアー」があるので下見に行ってきました。今回も「ついで」は仙台と福島でお仕事、鉄分補給ではないので念のため、とは言っても寄り道はネ……
 今回は山寺立石寺へ寄ってきました。1000余段の階段を登り、芭蕉が詠んだ「閑さや 岩にしみいる 蝉の声」は無理でも眩い新緑の五大堂からの眺めは絶景!
 真下を走る仙山線の車両??(ちょっとだけ鉄分補給しました)も俯瞰できたし……あっ、週末は晴れたら良いな!!(もく)

2021年5月16日

 コロナ禍で迎えた2度目のスキーシーズン、昨日の「月山滑り納めツアー」でレギュラープログラム全て無事終了しました。
 最後を締めくくるのに相応しい最高の天気と気持ちいいシュプールを描く程よいザラメ、そして何時ものメンバーの笑顔! お疲れさまでした。
 個人的にはまだ鳥海山が残っていますが、噂では雪が少なめとの情報がありちょっと不安ですね。
 さぁ~、来週から登山プログラムがスタートします。今度は山歩き、ご一緒しましょう。(もく)

2021年5月16日 その2

 昨夜の「月山滑り納めツアー」反省会?で盛り上がってヘベレケで熟睡、早朝夢見心地でスマホに出たら数日前に仕掛けた罠にクマが掛かったので集合!との連絡でした。
 体長1.5m、体重約100kgの♂熊、軽トラに載せるのも大人4人がかり、今シーズン最初の大物です。(もく)

 

 → ページの先頭へ