更新情報のRSS

裏磐梯日記 2017
裏磐梯日2016
裏磐梯日記2015
裏磐梯日記2014
裏磐梯日記2013
裏磐梯日記2012
裏磐梯日記2011
裏磐梯日記2010
裏磐梯日記2009
裏磐梯日記2008
裏磐梯日記2007
裏磐梯日記2006年4期
裏磐梯日記2006年3期
裏磐梯日記2006年2期
裏磐梯日記2006年1期
裏磐梯日記2005年4期
裏磐梯日記2005年3期
裏磐梯日記2005年2期
裏磐梯日記2005年1期
裏磐梯日記2004年
裏磐梯日記2003年
裏磐梯日記2002年
裏磐梯日記2001年
裏磐梯日記2000年
裏磐梯日記1999年
裏磐梯日記1998年

2017年1月1日

 謹賀新年、明けましておめでとうございます。
 旧年中はお世話になりました。今年もいろいろ?ご迷惑お掛けすると思いますが宜しくお願いします。(もく)

 さて、恒例の家族の目標です。

  • もく
    会津のマイナーピークハント低山歩きとドローンを買う
  • すえ
    一人で尾瀬の小屋泊りハイク
  • 一歩
    初めて逢う人にも愛想よくする
  • さすけ
    ダイエット

2017年1月10日

 正月と連休が終わり、やっとのんびり出来てます。
 雪不足は相変わらずで、今夜からの寒波に期待したいのですが……最近の雪予報はスカ続きです。(もく)

※今年の初滑りはこんなでした。

2017年1月22日

 年が明けても雪が降らないと思っていたら、先週「最強寒波」到来!
 おかげでこの二日間良いパウダーが楽しめました。これから次の寒波が来るとの予報……滑るぞ〜。(もく)

2017年2月7日

 1970年代、大手オーディオ機器メーカーが元気だった頃の名機の一つ、YAMAHAのCA-1000Vを手に入れました。
 当時、高価過ぎて手の届かなかったアンプです。早速つないで……良い音出てます。
 てっ事は今までの「LUXMAN309」は予備機?(もく)

2017年2月8日

もく散歩シリーズ
 実家に帰るついでの文科系です。上野国立科学博物館の「ラスコー展」へ行ってきました。
 クロマニョン人が2万年前に残した洞窟壁画、勿論レプリカですが実物大の展示に大満足!それにしても人の多さにへとへとです。(もく)

2017年2月9日

もく散歩シリーズ
 40年ぶりに品川駅港南口を利用してびっくり!サッカー部のランニングで鮫洲の校舎から走ってきて、ロータリーで体操して、道路に寝そべって……。
 時を感じました。(もく)

※ニコンギャラリーで植村直巳写真展を見て来ました。

2017年2月10日

もく散歩シリーズ
 旧東海道(青物横丁〜立会川)を歩いてきました。飛脚が走り、黄門様?も歩いた道です。
 写真の橋は浜川橋。別名泪橋とも言うそうで、この先にある鈴ヶ森刑場で処刑される罪人と家族が最後の別れをした所です。(もく)

2017年2月11日

もく散歩シリーズ
 立会川河口にある浜川砲台跡は2度目のペリー来航に備え、土佐藩が設置した砲台があった所です。佐久間象山塾で学んでいた若き日の坂本龍馬がこの場所から海のはるか先を見ていたと思うとワクワクします。(もく)

2017年2月16日

 郡山駅前、ビッグアイ20階からの夜景です。
 月1回の「天文カレッジ」を二人で受講して3ヶ月、夜のドライブデート?? んっな訳ないか。(もく)
※ちなみに、私は第1期の「星空案内人」です。

2017年2月19日

 午前はホワイトアウトで雄国沼横断もヒヤヒヤ。
 午後は霧氷と青空でウキウキ。
 そして“熊落し”は……ハラハラ。楽しい雄国山ツアーでした。(もく)

2017年2月26日

 今日は猪苗代に寄り添う名倉山のガイドでした。
 平日は、ほぼ毎日裏磐梯でスノーシュー、たまには猪苗代の景色を眺めるのも良いもんですね。
 眼下には猪苗代のクジラこと、翁島。春の柔らかな日差しを受け横たわって?います。(もく)

2017年2月27日

 本日快晴、午前中に時間が取れたので裏山の“甚九郎山”へ登って来ました。登り2時間、下り1時間、写真撮りながらちょうどいい散歩コースです。(もく)

2017年2月28日

 今日はお仕事でイエローフォール、迫力ある写真を……のはずが、あまりにも貧弱なのでお見せできません。
 そこで、芸術的?作品をアップします。それにしても春の日射し、雪が心配です。(もく)

2017年3月1日

 いや〜、今日も晴天!ご覧の通り、クロカン散歩です。
 末ちゃんはス~イスイ。一歩はご機嫌。さすけは……お留守番でした。週末は天気悪そうですね。(もく)

2017年3月7日

 そろそろシーズンも終盤。イエローフォールは色も抜け、ホワイトフォール化し、不動滝の水量も増えてます。
このところスノーシューばかり……テレマーク、忘れそうです。(もく)

2017年3月8日

 今日は趣味の一つ、駅そば&立ち食いそばの食べ歩きです。県内にありながらなかなか行けなかった、JR三春駅の「三春三角揚げそば」を食べてきました。
 分厚い甘いお揚げと出汁が絶妙!ごちそうさまでした。(もく)

2017年3月9日

もく散歩シリーズ
 福島県本宮市に1914年建設の本宮映画劇場があります。周りの風景とミスマッチは否めませんが、往時は三波春夫が歌い、子供時代の梅沢富美男が舞った娯楽の殿堂でした。今は廃墟感プンプンです。(もく)

2017年3月13日

 通常、キツイ登りの後は快適な下りが待ってる!だから、頑張れるのに……
 ところが今回は数日前の積雪で、その下りでラッセル&歩き、トホホなツアーに。
 まっ、それも自然相手、天気に恵まれ目出度し、目出度し。(もく)
 

2017年3月20日

 さっ〜、いよいよ冬のプログラムも終盤です。
 今日は晴天、スノーシュー日和、五色沼ツアーの担当でした。
 モデルは参加者女性、赤いジャケットがブルーに映えてます。(もく)

2017年3月28日

 東京日帰りです。少し早めのお昼は久しぶりの、新橋おくとね。特大の舞茸天が乗ったそばが美味しい立ち食いそば屋です。
この後、神田あたりでもう一軒……(もく)

2017年3月30日

 年間50冊の読書目標、今のところ順調に進んでいます。そこで面白かったお勧めの1冊、読んでみて下さい。(もく)

2017年4月9日

 今週は恒例?になった秋田森吉山ツアーでした。
 私の趣味も兼ねた日記をどうぞ。
 駅そばファンにはお馴染みの東北本線花巻駅「賢治そば」温泉タマゴと山菜、お揚げが綺麗にトッピングされ、歯ごたえのある麺と素朴な汁が美味しい蕎麦でした。(もく)

2017年4月10日

 今回マイカー組と列車組そして若干1名夜行バスでそれぞれ集合しました。私は前日「道の駅あに」でテン泊して、集合場所の秋田縦貫内陸鉄道阿仁合駅へ。
 列車組は写真の列車でやってきました。これで全員集合です。(もく)

2017年4月11日

 やっとツアー写真の登場です。
 森吉山頂へ樹間の広いオオシラビソ帯を登って行きます。この斜面を滑るのかと思うと“ウキウキ……”
 風が強く、頂上からの滑降は出来ませんでしたが、ウキウキでした。(もく)

2017年4月12日

 二日目は朝から悪天候。スキー場で待機しても回復の見込みがないので、潔く?中止。まっ、前日の反省会の疲れも……
 阿仁合駅で軽く昼食後電車組を見送って車組も解散しました。
 私はこの後盛岡で……えへへ。(もく)

2017年4月13日

 今回のツアー最後のお楽しみ(個人的ですが)盛岡駅の駅そば「はやて」のわかめそばです。
 麺が見えなくなる位、たっぷり乗せた三陸産ワカメとトッピング(無料)のおろしショウガが絶妙のバランス……これで全て無事終了。(もく)

2017年4月16日

 今週の「浄土平ツアー」で宿主催レギュラーツアーが全て終了しました。
 昨日は悪天候(雨でした……)で蕎麦屋で酒呑み会。
 今日は風は有ったものの楽しくツアーが出来ました。まっ、気心の知れた何時ものメンバーだったので……
 今シーズン有難うございました。(もく)

2017年4月17日

 仕事ついで?の鉄ちゃんしてきました。
 新潟弥彦神社の最寄り駅、JR弥彦駅です。ご覧の通り私の大好きな行き止まり駅、この風景が良いのです。
 ちなみに、通常本線からの支線へ向かうのが「下り」ですが、この弥彦線は逆! 神社へ向かう弥彦駅方面が「上り」です。(もく)

2017年4月18日

 諸橋近代美術館の内覧会でした。前期の企画展は「ダリの美食学」。ダリは6歳の時コックになりたかったそうで、それで作品にフランスパンやロブスターが……納得。
 裏磐梯にきて天気悪かったら文科系がお勧めです。(もく)

2017年4月21日

 東京でお仕事してます。働く男の昼食は立ち食いそば?
 池袋の「大国そば」でゲソ天そばを食しました。濃いめの汁とカリカリの天ぷらがベストマッチ!
 立ち食いそば屋にしては珍しく生めんを使っているので少し時間が掛かります。(もく)

2017年4月22日

 今日は同窓会の打ち合わせで千葉の友人宅へ。勿論、何時もの「ついで」をやってきました。場所は関東の私鉄ローカル線、いすみ鉄道。
 寂れた駅舎、線路脇で農作業の爺さん、そして懐かしい車両……お勧めです。(もく)

2017年4月23日

 もう一つ「ついで」です。
 こちらも私鉄ローカル線「小湊鉄道」。菜の花とのツーショット!いい雰囲気でしょ。
 数日前まで桜満開だったそうで、残念。鉄ちゃん満喫の半日でした。(もく)

2017年4月30日

 昨日から始まったGW、こちらは桜満開です。スキー場は珍しく?滑走可能性、春と冬が混在の裏磐梯です。人出もまあまあ、賑わってます。
 写真は猪苗代観音寺川の桜とモデルは「ま〜桜さん」でした。(もく)

2017年5月8日

 好天に恵まれた今年のGWも終わり、裏磐梯はこれから花の時期を迎えます。まずは、ミズバショウとオオヤマサクラ、早起き(私は何時も通り……)して花見してきました。(もく)

2017年5月12日

 今日は、昨年見損なった「クマガイソウ」を見て来ました。レッドデータブックにも載っている絶滅危惧種です。
 盗掘で絶滅寸前になった同種を地域の方々が見事再生させました。盗む人、守る人……後者が増えると良いですね。(もく)

2017年5月14日

 恒例の月山滑り納めツアー、天候も恒例?の悪天候(雨……)でした。でも、鶴岡市内観光ができてこんな滑り納めも良いかな?
 そして今日は好天のなか、野鳥の森散策&山塩ラーメン。こちらもこれで良いかな?
 これでスキーシーズン全て無事終了!!(もく)

2017年5月16日

 言葉にならないアクロバティックなパフォーマンス!鍛え抜かれた肉体、恐るべきバランス感覚。
 シルクドソレイユ・トーテムは最高!の一言に尽きます。癖になってます。(もく)

2017年5月23日

 個人的恒例の鳥海山、やっつけて来ました。
 雪はいっぱい、問題なし。気温が高くて体力、問題あり。
 登行時間、標高差、ダウンヒルの長さ……どれをとっても最高レベルの楽しさ! 皆さん鳥海山へ行って“ちょうかい”?(もく)

2017年5月25日

 文科系恒例の「落語教育委員会」。
 昨年亡くなった柳家喜多八に変わり新メンバー三遊亭兼好の御披露目を聴きに行ってきました。明るい高座で人気上昇中、会津若松出身と言うこともあり私も一押し!(もく)

2017年6月3日

 今日の裏磐梯はご覧の通り。息子二人はベストポジションの取り合いしてます。どうでも良いけど寒い、6月なのに……
 「責任者出てこい!」(判る人だけで良いです……もく)

2017年6月7日

 なぜこんな所に……。会津若松市内にも有りました秘境駅。
 会津鉄道会津線大川ダム公園駅です。人家なしは当たり前、誰が利用するのか?? それが秘境駅なんですけどネ。(もく)

2017年6月11日

 飯豊山行の予行演習ではないですが、今週末は田代山&志津倉山へ登ってきました。
 天気は上々、景色も上々、体力不安……後2週間、筋トレだ!(もく)

2017年6月17日

 東北地方は梅雨入りしないまま6月も下旬です。
 来週は恒例の飯豊山行、天気が心配……入るんだか、入らないんだか、降るんだか、降らないんだか……「責任者出て来い!」
 ※ちょっと前に使った様な???(もく)

2017年6月19日

 昼間、時間が取れるのは今日のみ、ふたりで映画鑑賞へして来ました。映画好きには嬉しいシニア割引、お手軽な娯楽です。
 最近邦画が元気で、野村萬斎主演「花戦さ」もその一つです。ゆっくり流れるストーリーはアナログ世代の私たちにピッタリです。(もく)

2017年6月25日

 恒例の飯豊山、今年は珍しく3日間好天に恵まれました。
 積雪が多く楽しみにしていた花たちとの出会いは今一つ……でも、新メンバーを加えた「新もくもく’S」での楽しい山行は何時も通り、次回からの飯豊レポートをお楽しみに!(もく)

2017年6月26日

飯豊花レポート(1)
 青空+雪渓+花……これぞ飯豊山のベストコラボ!
 砂礫帯に咲くこの花を見たくて毎年登っています。地味ですが、存在感抜群のミヤマウスユキソウです。(もく)

2017年6月27日

飯豊花レポート(2)
 御西岳からまだ雪渓濃い烏帽子岳、北股岳が望めます。
 ここから先アイゼン装着で縦走を目指す登山者が先を急ぎますが、私たちはこの辺でUターン。ハクサンイチゲの群落が迎えてくれました。(もく)

2017年6月28日

飯豊花レポート(3)
 山頂を目指す早い時間帯には咲いていなかった花も太陽が昇り、気温が上がるにつれ咲き始めます。
 濃い黄色の唇弁と暗紫色のすじが特徴のタカネスミレも下山中に気が付きました。ラッキー!(もく)

2017年6月29日

飯豊花レポート(4)
 砂礫帯の岩壁に咲く花は数種類有りますが、この花もその一つ。
 梅の花に似た花を付け、カーペット状に広がるイワウメです。(もく)

2017年6月30日

飯豊花レポート(5)
 草履塚から姥権現の間は地を這うように咲くオヤマノエンドウが多く見られます。 高貴な紫色をまとっているからか遠くからも存在感を発しています。(もく)

2017年7月1日

飯豊花レポート(最終回)
 初日の辛い登りを終えると、この絶景が待っています。
 来年は登山口も弥平四朗から川入に変更予定ですが、この絶景は変わることは無いでしょう。
 今回参加の皆さん、お疲れさんでした。(もく)

2017年7月6日

 飯豊から帰って相変わらずガイドが続いています。
 今日はやっと咲き始めたニッコウキスゲの雄国沼湿原へ行って来ました。
 例年より遅く、花数も少なく……自然は???ですね。(もく)

2017年7月7日

 今日の朝食は雄国沼湿原で……
 すえちゃんと早朝デート??じゃなくて、散歩がてらニッコウキスゲを見に行って来ました。
 やっぱり早朝に限る!湿原がらがら……10:00下山、駐車場満車、路上駐車は400m以上……
 明日、土曜日は大変だ。(もく)

2017年7月13日

 5月中旬から毎週火、木曜で続いていた品川区立中学校の登山ガイドが本日終了、いやぁ〜長かった&疲れました。
 でも、雄国沼湿原の花の移り変わりを満喫でき大満足。
 後半は9月から始まります。今度は草紅葉……かな?(もく)

2017年7月26日

 ずっ〜と雨続きの裏磐梯、カヌー体験も中止続き……
 でも、今日はこの通り無事開催できました。
 やっぱり曽原湖は青空と白い雲とカナディアンカヌー、そして響き渡る私の大声……でしょ!(もく)

2017年7月31日

 「どうぶつのおかあさん」や「おかあさんといっしょ」の動物画家、藪内正幸の原画展へ行ってきました。
 母親の優しいまなざしや甘える子供の表情まで繊細なタッチで描かれた写真的描写は世代を超えて愛され事に納得です。(もく)

2017年8月3日

 JR福島駅の奇妙な写真ですが解るかな?
 右側が東北本線、左側が奥羽本線(山形線)、線路幅に注目!
 そう、山形新幹線開通で同じ構内、隣り合わせでこんなことになってしまいました。鉄ちゃんネタでした。(もく)

2017年8月17日

 日記も夏休み……という訳ではないのですが、雨続きでネタ無し状態。
 今日は久しぶりの晴れ間でカヌー担当、一日湖上の人でした。それにしても今夏は……ですね??(もく)

2017年8月30日

 夏らしくない夏休みも終わりですが、皆様如何お過ごしだったでしょうか。
 梅雨明けした途端に天候不順、雨が降ったり、降ったり、止みそうで降ったり……やれやれな夏休みでした。
 写真は五色沼で出会ったカモシカ君です。散策でもしてたんでしょうか。(もく)

2017年8月31日

廃線跡を歩く
 「沼尻軽便鉄道」は猪苗代町内を走り、1969年に廃止になった地方私鉄です。廃線跡を歩いても当時の物は殆ど見当たらず、この小川を渡るガーターが数少ない遺構です。
 これから道楽の秋、遊ぶぞ!(もく)

2017年9月4日

 かつて多くの「撮り鉄」で賑わったJR只見線第八只見川橋梁、鉄路が錆び付いて6年の歳月が流れました。
 このまま、鉄道遺構になってしまうのか……再開通を願う撮り鉄として一番列車は絶対にカメラを構えます。(もく)

2017年9月10日

 週末2日間、宿登山企画で久しぶりの山歩きでした。

(1)急直登の蒲生岳、暑さでヘロヘロ。
(2)初秋を感じる東吾妻山、これが「大人の山歩き」! 大満足。

 夏休み中は湖上の人だったので、やっぱり山歩きは「こでぃらんにぃ〜」(もく)

2017年9月15日

 いよいよ文科系が始まりました。
 私の転がり落ちる人生のきっかけ、長崎へ導いた名曲を唄った、さだまさし(当時グレープ)のコンサートです。
 しっとり有り、どんちゃん騒ぎ有り……楽しい時間を過ごせました。(もく)

2017年9月25日

 文科系第2弾は映画鑑賞です。
 個人的にはアカデミー賞間違いなし! の「ダンケルク」。久しぶりの字幕映画でしたが、あっという間の2時間、堪能しました。
 単なる戦争映画ではないのでお勧めです。(もく)
 

2017年10月1日

 前回はガスって視界ゼロ。今回はご覧の通り快晴!!
 燧ケ岳山頂(俎ー)からの絶景を堪能できました。リベンジ大成功!(もく)

※長英新道を登った方が楽かな?

2017年10月2日

 何時もは仕事(んっ〜半遊び?)で歩いている山もプライベートだと一味違う風景になります。
 浄土平(東吾妻山)の紅葉も終盤……珍しく?2人で歩いてきました。のんびり歩くにはやっぱり、平日!(もく)

2017年10月12日

 只今紅葉真っ盛り!
 毎日山歩きと外仕事(冬の準備)……今日は雨降りなので趣味に没頭、こんなの
造ってみました。
※師匠の小山君にはまだまだ……(もく)

2017年10月20日

 薪ストーブを焚くと“一歩”は定位置のストーブ脇に移動し、出遅れた“さすけ”はストーブ前でウロウロ……
 でも、今日はお気に入りを見つけたようでご覧の通り、ティッシュボックスカバーの上でご満悦です。(もく)

※昨日磐梯山初冠雪、冬だ!

2017年10月22日

 紅葉のピークを迎えた週末でしたが、台風の影響で散々な結果に……。
 という訳で先週に引き続き室内趣味に没頭、雨音と音楽を聴きながらジオラマ制作の一日になりました。出来栄えはどうかな?(もく)

2017年10月30日

 今日は久しぶりの外食です。
 あれ?見慣れた顔が……そう、我が家のアイドル政倉さんも同席でした。
 いや〜呑んだ、呑んだ……これは何時も通りか。(もく)

2017年10月31日

 今日も政倉さんと一緒、行き先はいわきのアクアマリンふくしま。
 昨日の居酒屋の続き?のような魚三昧の企みが見え見え。カツオ見て、カニ見て、寿司食べて、タコ見て、メヒカリ食べて……以上!(もく)

2017年11月3日

 昨夜は秋の恒例「野村万作・萬斎 狂言の夕べ」を鑑賞して来ました。私達が好きな古典芸能の一つです。
 この後年内、海老蔵と小三治が続きます。(もく)

2017年11月5日

もく散歩シリーズ
 私用で東京へ行ってました。Tシャツ一枚なのに汗ばむほど、11月なのにね〜。(もく)

※相変わらず帰りの時間調整で「もく散歩」。今回は湯島界隈です。

2017年11月14日

 長岡市栃尾美術館の「高橋まりこ人形展」へ行ってきました。日常を切り取った爺さん婆さんの表情が素朴でまさに癒し系。
 帰りに雪国の生活を垣間見る「雁木」の街を散策、こちらも素朴でした。(もく)

2017年11月18日

 薪ストーブ周りの整理ついでに二人の指定席を作りました。今まで早い者勝ちだったストーブ脇もこれからは並んで、ゴロ〜ン。(もく)
 

2017年11月19日

 今日は前回の狂言同様、文科系恒例になった歌舞伎鑑賞、「市川海老蔵・古典への誘い」へ行ってきました。
 好き嫌いはさておき、やっぱり華があります。よっ、成田屋!(もく)

2017年11月23日

 会津古道?じゃなくて、村の下川前地区にある神社の参道です。
 今日は公民館主催の歴史散策に参加してきました。参加者は年寄ばっかり……(私たち夫婦は超若手)
 たまには参加者になるのも良いもんですね。(もく)

2017年12月1日

 今日から師走なので走る代わりに滑ってきました。勿論私のギャグではなく、初滑りです。
 昨晩の夕食何食べたか覚えてないのに、テレマークは身体が覚えていました。一安心です。来週も滑るぞ!!(もく)

2017年12月4日

 毎度の仕事ついでの廃線散策です。
 蒲原鉄道(村松〜加茂)の廃止は1985年。年数が経っている割に遺構が多く、廃線ファンには嬉しい限り。
 ガーター橋と築堤、この先には駅舎も残っています。(もく)

2017年12月8日

 国宝といっても寺社仏閣ではなく、人間国宝“柳家小三治”独演会行ってきました。
 やはり、名人も歳には勝てないようで言葉が出てこなかったり、話が飛んだり……。でも、枯れた感じがいい味出してました。(もく)

2017年12月10日

 天気が良い日に家で大人しく……出来る訳無いので初クロカン!
 1人で行こうと思ったら一人+一匹が冷たい視線だったので勿論一緒です。
 この時期にクロカンなんて今シーズンは(笑) (もく)

2017年12月17日

 今シーズン、初ツアー?という訳ではないのですが銅沼まで行って来ました。お馴染みさん達と裏磐梯スキー場で初滑りを楽しんだついでのプチツアーです。
 まだ凍結してないのでイエローフォールは無理。来週くらいには下見しようと思ってます。(もく)

2017年12年19日

もく散歩シリーズ
 東京にも廃線遺構が結構残っているもので、写真は1989年に廃止になった晴海運河に架かる「東京港湾局専用線」の鉄橋です。
 それにしても、お洒落な高層マンション群にビックリ!(もく)

2017年12月20日

もく散歩シリーズ
 正式には「高輪橋架道橋」ですが、通称「提灯殺しトンネル」と言います。高さ1.5m、人はみんな下を向いて歩きます。多分都内で最も低いJRのトンネルでしょう。(もく)

2017年12月21日

もく散歩シリーズ
 散歩中の昼食は勿論、立ち食いそば。今回は秋葉原のその名もズバリ「あきば」、最近評判が良い店です。
 天ぷらそばだけでは不安?なのでミニしらす丼を追加。美味しかったです。(もく)

2017年12月22日

もく散歩シリーズ
 都内のJR駅で知世ちゃん発見!1987年公開の「わたスキ」が再ブレイク……かな?
 あっ〜、帰ったら今シーズン2度目見るぞ!それにしても、知世ちゃん可愛いね〜。(もく)

2017年12月24日

 今シーズン初めてのイエローフォールです。
 この時期にしてはまあまあの出来具合……かな?
 まだ、銅沼が凍ってないので登山道沿いのコースになりますが、人の少ない年内中に是非。(もく)

[このページの先頭へ戻る]

 


 -Support by Yoshiji NUNOTA-