更新情報のRSS

裏磐梯日記 2018
裏磐梯日記 2017
裏磐梯日2016
裏磐梯日記2015
裏磐梯日記2014
裏磐梯日記2013
裏磐梯日記2012
裏磐梯日記2011
裏磐梯日記2010
裏磐梯日記2009
裏磐梯日記2008
裏磐梯日記2007
裏磐梯日記2006年4期
裏磐梯日記2006年3期
裏磐梯日記2006年2期
裏磐梯日記2006年1期
裏磐梯日記2005年4期
裏磐梯日記2005年3期
裏磐梯日記2005年2期
裏磐梯日記2005年1期
裏磐梯日記2004年
裏磐梯日記2003年
裏磐梯日記2002年
裏磐梯日記2001年
裏磐梯日記2000年
裏磐梯日記1999年
裏磐梯日記1998年

2016年1月1日

 新年あけましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願いします。

 新春の顔はやっぱりこの二人、癒し効果最高でしょ!(もく)

■今年の目標

  • もく
    会津の隠れた名峰登頂。月一回以上の落語or美術鑑賞。
  • すえ
    テレマーク習得。月一回トレッキング。オリジナル料理研究。
  • 一歩
    室内犬を卒業して外で元気に遊ぶ!
  • さすけ
    食事中テーブルに乗らない。絨毯をガリガリしない。

2016年1月9日

 久しぶりに訪れた川崎大師の参道は名物「とんとこ飴」のリズミカルな音が響いていました。
 母親との初詣……たまには親孝行も良いもんですね。(もく)

2016年1月15日

 今日は小正月の伝統行事「歳の神」(どんと焼き)でした。
 正月飾りを燃やし、餅を焼き、酒を呑む……地域の老若男女が火を囲んで過ごす大切な時間です。(もく)

2016年1月20日

もく散歩シリーズ 廃線跡を歩く
 仕事ついでなので全線踏破……とはいかない廃線散策、今回は筑波鉄道筑波線を歩いてきました。
 名峰筑波山へ真っすぐ伸びていた鉄路は今、全線サイクリングロードとなり、かつての駅は休憩施設としてとして整備されていました。(もく)

※常陸藤沢駅ホーム跡

2016年1月31日

 毎年恒例、新潟県のアウトドアショップ「WEST」のスノーシューツアーでした。
 少数精鋭!のりの良い2人が盛り上げてくれました。でも……今年のイエローフォールはご覧の通り、どうしましょ。(もく)

2016年2月4日

 名倉山と言っても日本酒じゃなくて、猪苗代湖畔の里山です。
 天気が良かったので、買い物ついでに歩いてきました。「裏」を歩きなれていると、「表」は開けて良いフィールドです。(もく)

2016年2月8日

 本日朝の気温、氷点下17℃でした。
 朝焼けで赤く輝く磐梯山を見ていたら……山日和!
 滑ってきました。少し重めのパウダー喰いです。ご馳走様!(もく)

2016年2月24日

 昔読んだ「セロ弾きのゴーシュ」を今日は女優、名取裕子さんの朗読で聴いてきました。
 ピアノとチェロの生伴奏付で、あっと言う間の1時間でした。(もく)

2016年3月3日

 今冬もやって来ました「御茶ノ水女子大付属小学校」の卒業直前!宿泊体験です。
 天気は相変わらず(不思議と毎年悪天候……)でしたが、みんなパワー全開で楽しい思い出作りをしていました。(もく)

2016年3月6日

 暑すぎる天気と??な雪質。いつもの気が合う参加者と絶景の雄国山、全ての条件をクリアーした楽しい2日間!
 これだからツアーは「こでぃらんにぃ〜」(もく)

2016年3月10日

もく散歩シリーズ
 数十年ぶりに「築地場外」を歩いてきました。
 廻りを見たら“日本人は俺だけ?”状態……その後、地下鉄“しびや線”で秋葉原へ、そして最後は御徒町……
 今や下町は国際都市?の様です。(もく)

2016年3月13日

 先週に引き続き今回も雄国山!
 でも今回はスノーシューツアーのガイドです。
 一週間でこんなに積雪が減るんですね……頂上への登り、階段が顔を見せ始めました。 さて、今シーズン何時までツアーが出来るのやら??(もく)

2016年3月17日

 吉永小百合さんは女優の傍ら平和をテーマにした朗読をライフワークとし、詩画集「第二楽章」としてまとめています。
 その背景画を手掛けるのがジブリ作品でお馴染みの男鹿和雄さんです。
 今回は「福島への思い」として被災地の絵も展示され、お二人の平和へのメッセージを強く感じた特別展でした。(もく)

2016年3月22日

 開花宣言がニュースを賑わせ、来週は暦も変わります。
 多くの人が訪れた「イエローフォール」もご覧の通り。来年はどんな雄姿を見せてくれるのでしょうか。(もく)

2016年3月26日

 大好評のイエローフォールツアーも明日で最終回。
 私も今シーズン最後のガイドで歩いてきました。青空をバックに雄大な櫛が峰が……最後良ければ全て良し!(もく)

2016年4月7日

 春休みで孫が遊びに来て毎日ドガチャカ……という訳で「いわき石炭化石館」へ行って来ました。
 恐竜がマイブームなので、巨大な骨標本を見上げて大騒ぎ!でも、本当のお目当てはピーちゃんこと、フタバスズキリュウ……(解る人だけ解ってね) (もく)

2016年4月11日

 何時ものメンバーと、何時ものツアー???
 じゃなくて、今回は秋田八幡平へ遠征してきました。地元ガイドの福士さんの案内で美味しい斜面を滑りまくり!
 んっ〜こりゃ、高齢……じゃなくて恒例になりそうです。(もく)

2016年4月12日

 体育系の後は文科系……
 昨日は「フェルメールとインブラント展」へ行って来ました。
 人混みが苦手なので人数限定特別観賞プランで入館、フェルメールブルーをゆっくり堪能できました。(もく)

2016年4月14日

 三春と言えば滝桜ですが、実は各所に綺麗な桜が点在しています。
 今年は雪村庵(せっそんあん)で花見してきました。孟宗竹としだれ桜、そして趣のある庵が良い味を出しています。(もく)

2016年4月15日

もく散歩シリーズ
 先週の秋田八幡平ツアー、実はもう一つ目的がありました。
 廃墟好きには堪らない尾去沢鉱山跡散策です。昔、銅や金の採掘で賑わった鉱山ですが今はそのシンボルでもある煙突が往時を偲ばすのみ。(もく)

2016年4月19日

 さて、ここは何処でしょうか?
 JRガード下に伸びる「2K540 AKI-OKA ARTISAN」、マイブームになっていて東京に出向いた時にぶら歩きする所です。
 名前からも判るとおり、秋葉原駅と御徒町駅の高架下にあります。
 一度出向いてください。(もく)

2016年4月21日

 雪解けが早いので春の妖精たちも慌てたように咲き始めました。
 我が家の周りではキクザキイチゲが見頃!そして水辺ではミズバショウも……(もく)

2016年4月24日

 個人的にはまだスキーモードなんですが、そろそろ登山ガイドの仕事も回って来るので磐梯山へ行って来ました。
 何時もの年だと八方台からアイゼンなんですが今年はその必要無し!
 いやっ〜疲れた。シール付けて登るのと使う筋肉違うのかな???(もく)

2016年4月30日

 いよいよGWがスタート!
 カヌー体験も昨日から始まりました(悪天候で中止でしたが……)
朝起きたら、磐梯山が真っ白!寒さも冬に逆も戻りです。明日の天気は雨模様……この先GWはどうなることやら。(もく)

2016年5月8日

 皆さま、GWは如何お過ごしでしたでしょうか?私はカヌーとトレッキングでお仕事してました。
 天気は……と言うと、雨&強風!カヌー体験は中止!
 やれやれです。でも、最終日の今日はご覧の通り青空!
 まっ、良いGW……かな?(もく)

2016年5月16日

 土曜日は最後のスキーツアーで月山へ行って来ました。毎年恒例、いつものメンバーです。
 めずらしく晴天で大パノラマにみんなビックリ??(全景見たの初めて!)
雪も最高!景色も最高!そしてやっぱりメンバーが最高?皆さんシーズンお疲れさんでした。(もく)

2016年6月2日

 6月になり裏磐梯は花盛りです。
 一歩の散歩コースもピンク、白、紫……賑やかです。
 先週、雄国沼湿原へ行ったら何と!ニッコウキスゲが咲いていました。全体的に開花が早いのは想像してましたが、5月に見るのは初めてです。
 満開も早いかも??(もく)

2016年6月7日

 私用で東京行きの帰り、上野からの電車は地下駅13番線始発でした。学生時代に乗った「八甲田」、「十和田」の急行列車を思いだした“プチ旅行”気分。
 上野駅はやっぱりドン詰まりの地下駅でしょ。(もく)

2016年6月10日

 今、雄国沼湿原はピンクのレンゲツツジに覆われています。その中に、コバイケイソウの白い花とボチボチ咲き始めたニッコウキスゲの黄色がワンポイント。
 これから賑わいを見せる湿原の序曲です。(もく)

2016年6月15日

 下見で田代山へ行って来ました。
 雪が少なかった今シーズン、お目当てのオサバグサにも影響が出ていました。今まで見てきた中で一番少ない様な気がします。
 それでも林床に咲く可憐な白い花はやっぱりイチ押し!(もく)

2016年6月17日

 昨日は仙台で文科系の1日してきました。
 まずは「黄金のファラオと大ピラミッド展」黄金のマスクと彩色木棺……約4,500年前のエジプトの空気が漂っていました。
 そしてこちらが本命?柴田、久本率いる「ワハハ本舗全体公演」下品でお下劣なパフォーマンスは癖になります。
 んっ〜このギャップが……(もく)

2016年6月19日

 梅雨入り後の週末、大人の山歩き企画「田代山」へ行って来ました。
 ご覧の通りの青空!足元の花々に目をやり、遠くの会津駒ヶ岳を見あげ、初夏の風に吹かれ……だらっ〜とした山歩きでした。
 大人の山歩きはこうでなくちゃね。(もく)

2016年6月21日

 東京帰りに乗り合わせた湘南カラー。海風を受け海岸線を走っていた彼らも今は山間の栃木路を走っています。(もく)

2016年6月27日

 恒例の飯豊山、行ってきました。
 いつものメンバー、いつもの悪天候?、そしていつもの景色と花々……恒例の「飯豊花便り」を明日から連続でお届けします。
 それにしても誰が雨男or雨女なでしょうか?謎です。(もく)

2016年6月28日

飯豊花レポート(1)
 長い樹林を抜け、疣岩山の稜線で最初に迎えてくれるのが可憐に咲くヒメサユリ。心地よい風と合わせて疲れた身体を癒してくれます。(もく)

2016年6月29日

飯豊花レポート(2)
 タカネスミレは最も高所に咲くスミレの仲間の一つで乾いた砂礫帯に咲いています。小さいながらも存在感充分!
 因みに、私のイメージカラーは黄色です。(関係ないか?……もく)

2016年6月30日

飯豊花レポート(3)
 高山の砂礫帯といえばこの花は外せません。ご存知エーデルワイスの仲間、ミネウスユキソウです。
 強風でも飛ばされること無く地面にしがみついていました。(もく)

2016年7月1日

飯豊花レポート(4)
 紫色は高貴な色とされていますが、このムシトリスミレはちょっと残酷な食虫植物。飯豊では少数派の花です。
 名前にスミレが付いていますがスミレの仲間ではありません。(もく)

2016年7月2日

飯豊花レポート(5)
 低山でも見かけるダイモンジソウですが、ここではあえてミヤマダイモンジソウと呼びたいです。
 汗を掻き、ここまで来た者だけが出会えるわけですから……(もく)
※種として同じor違う、賛否ある様です。

2016年7月3日

飯豊花レポート(6)
 目線が違うのか登りで見逃した花を降りで発見!と言う事は結構ありますよね。まっ、今回はあまりの強風でフードを抑えるのに必死だったからなんですけど……
 花はミヤマツボスミレです。(もく)

2016年7月4日

飯豊レポート最終回
 切合小屋前の下山記念写真です。ここ数年雨具着用が恒例?になってしまいました。天気は自然任せ、何より事故なく、怪我なく無事下山!これが一番です。
 でも、来年は晴れると良いな。(もく)

2016年7月13日

もく散歩シリーズ
 仕事のついでにちょこっと足を延ばして……が“もく散歩”のルールなので長い時間居られないのが難点です。
 今回は茨城の「ひたちなか海浜鉄道・阿字ヶ浦駅」へ行って来ました。数年前まで現役だった旧国鉄車両が保存されています。
 新旧顔合わせショットです。(もく)
 

2016年7月15日

もく散歩シリーズ・廃線を歩く
 新潟県新発田市の山奥のある、日鉄鉱業専用鉄道飯豊川橋梁です。鉄鉱石で賑わい、長蛇の貨車が渡っていた橋梁も今は産業遺産?(もく)

※地元の爺様に聞いたらすぐそこ!実際は車で20分??

2016年7月19日

 夏休み前の3連休、雨模様の天気が……
 ドッコイ晴れました。(小雨パラパラは有ったけどネ)
 私は3日間ずっ〜と湖上の人。曽原湖に私のデカい声!じゃなかった、参加者の歓喜が響いていました。(もく)

2016年7月25日

 この一週間で2本のTV撮影のお手伝いでした。
 1本はカヌー、BS日テレで8/25に放映予定です。有名な女優さんお二人とご一緒させて頂きました。
 そして今日は地元ローカル局(KFB)の女子アナさんとモデルさんお二人と不動滝へ。
 こちらは8/6ですが……見られる人は見て下さい。(もく)

2016年8月4日

 ♪暑中ゥゥお見舞い、申し上げ〜ます〜♪(キャンディーズ風に……)
 我が家の息子たちはご覧の通り、同じポーズでくつろいでます。
 さっ、5時を回ったことだし、私もビール呑んでくつろごっと!(もく)

2016年9月1日

 日記も夏休み?で久しぶりの更新です。
 年50冊(1週間で1冊)の目標を立て、読書を楽しんでいますが、頑張っても30冊位が良いとこですね。
 さて、今読み返しているのが7月に亡くなった「永六輔」。十数冊の中からチョイスしたのがこの「遠くへ行きたい(下町からの出発)」です。
 この本を読んで、TVを見て、私も日本中を旅しました。(もく)
 

2016年9月2日

 喜多方市立美術館は写真展や版画を扱う小さな美術館です。
 今日は動物写真家岩合光昭さんがライフワークにしている「猫」の写真展へ行って来ました(買い物ついでに美術鑑賞です)。
 どのショットを見てもかわいい猫だらけ……まっ、うちの「さすけ」には敵わないですけどね?(もく)

2016年9月5日

 観光地の祭りは集客目的に成りがちですが「裏磐梯夏祭り」は浴衣を着て走り回る子供と会津磐梯山を踊るじいちゃん、ばあちゃん、そして昔懐かしいヨーヨー釣りや射的等夜店が主役の素朴な祭りです。
 この祭りが終わると裏磐梯の短い夏が終わります。(もく)

2016年9月10日

 今回もお祭りネタです。
 裏磐梯は地区毎に山車を持っていて、それぞれがお祭りを開きます。
 子供達が曳き、若者?が笛を吹き、太鼓を叩き、じいさん達が酒を呑みながら各戸を廻ります。それぞれの振る舞い料理と酒で最後はフラフラ……
 ここで生活していく上で大切な行事です。(もく)

2016年9月11日

 仕事が切れたので久しぶりの山登り、会津のマッターホルン蒲生岳へ行って来ました。 標高は828m、それほどではないですが登山口から登りっぱなしでいっきに山頂へ向かいます。いやっ〜疲れた!鈍った身にはキツイ!
 写真は朽ちた踏切、錆びた鉄路と蒲生岳。只見線に列車が走るのは何時になるのでしょうか。(もく)

2016年9月21日

 今日は冬企画の打ち合わせで新潟でした。
 まっ、何時もの通りついでなので「鉄」やってきました(どっちがついでだか??)。
 国鉄時代のキハ40系も新型車両に活躍の場を譲り、少数派になってしまいました。今のうちに残しておかなければ……(もく)
 

2016年10月1日

 「ザ・が〜まるちょば」といえば知る人ぞ知る世界レベルのパフォーマー、今年も仙台に来てくれました(福島公演も在ったのですが日程的に……)。
 いろんな人に勧めているのですが、まず一度見に行って下さい。でも、首都圏はチケット取れるのかな??(もく)

※写真は一番町を歩く宗太郎&ばーばです。

2016年10月7日

 今日は来シーズンの下見で長瀬川(猪苗代町)をカヌー下りしてきました。
 チャラ瀬ばかりですが、初心者は歓声を上げること間違いなし!何時も曽原湖で漕いでいるので流れが有るところは久しぶり。
 川下りはやっぱり楽しいね……(もく)

2016年10月16日

 4/29にスタートした「曽原湖カヌー&カヤック体験」も今日が最終日。珍しく?秋晴れ、気持ち良く漕げました。
 今年の紅葉は、んっ〜……こんな年も有るんですね。
 さ〜ぁ〜!既にスキーモードになっているのは私だけ??(もく)

2016年10月17日

 先週の初霜から一転、今日は小雨交じりのポカポカ陽気です。カヌー片付けや薪の整理には良いんですが……紅葉も遅れているのか、それとも??
 気の早い葉っぱは散りはじめました。(もく)

2016年10月19日

 先週猪苗代湖に初飛来した冬の使者白鳥。今朝は一歩の散歩コース大沢沼へ遊びに来ていました。
 紅葉と白鳥のコラボです。これから沼が氷る12月頃までほぼ毎日やって来ます。(もく)

2016年10月21日

 芸術の秋、今月は古典芸能観賞月間かな?

 今日は「林家正蔵&春風亭一之輔二人会」へ行って来ました。一之輔はよく聞いているのでその実力は証明済み。
 方や正蔵は襲名以来久しぶりの拝聴です。結果は期待を裏切り、上手くなったな〜というところでしょうか。これからに期待大です。(もく)

※古典芸能には和服!と言う事で「すえ&志帆」はご覧の通り……

2016年10月22日

 週末三日間、BS朝日の取材協力で中本賢(旧アパッチ・けん)さんとご一緒させて頂いてます。おやじギャグに対応できるガイドということで直接のご指名です……??
 昨日は五色沼散策、今日AMは曽原湖カヌー、明日は銅沼です。
 天気が良くて取材は順調、勿論ギャグも順調です。(もく)

2016年10月26日

 今回の古典芸能は歌舞伎です。
 市川猿之助&板東巳之助ダブルキャスト、演目は「獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)」でした。宙乗りや十三役早替え、醍醐味を十分満喫してきました。
 さぁ〜、文科系に移行だ??(もく)

2016年10月28日

 今日の古典芸能観賞は野村万作・萬斎親子の狂言、演目は「佐渡狐」と「二人袴」の二作です。
 古い言い回しと、判りやすい口語でつづる狂言は大好きな落語に通じるかな?癖になりそうです。
 これで落語、歌舞伎、狂言と古典芸能三昧の一週間。明日から拙者は山歩きでごじゃる??(もく)

2016年11月1日

 先週ピークを迎えた裏磐梯の紅葉もそろそろ終盤。楽天トラベル紅葉ランキングで上位の宿裏曲沢沼も最後のモミジが色づいています。
 それにしても先週のカメラマンの数は凄かったです。今日は静かな曲沢沼です。(もく)

2016年11月3日

もく散歩シリーズ
 今週は母親が裏磐梯に来ていたので、送りついでに実家に一泊してきました。朝の散歩は何時も通り多摩川河口周辺です。
 休日と言う事もあり、河川敷グランドでは野球大会!
 私は、ゆりかもめ(新交通システムじゃ無いよ)と睨めっこです。(もく)

2016年11月8日

 地熱資源発掘調査見学へ行って来ました。場所は昔よく入りに行った土湯沢温泉跡地、猪苗代と裏磐梯の間、R459沿いです。
 再生可能エネルギーは長いスパンで考え、開発が必要……調査が終わり、発電が始まり、その電気を使うのは……宗太郎世代でしょう。
 福島が考えなくてはいけない重要事項です。(もく)

2016年11月10日

 都会では「木枯らし1号」が吹いたそうで、勿論裏磐梯も寒いです。今朝はご覧の通り積雪が有り、落葉したモミジと良いコントラストを醸し出していました。
 箕輪スキー場は今週土曜日(12日)OPEN予定、ワクワクです。(もく)

2016年11月13日

 今夜は「クリス・ハート」コンサート。透き通るクリスタルボイスから送られるメッセージは「優しさ」と「思いやり」、人柄が感じられる癒し系コンサートでした。
 私の「行きたい、見たい、聞きたい年間スケジュール」のマスがまた一つ埋まりました。(もく)

2016年11月18日

 ここ数日、放射冷却で毎朝霜で真っ白。喜んでるのは一歩だけ、散歩も大変です。(もく)

2016年11月29日

 スキー場OPENしたけど開店休業状態。身体鍛えられないので、福島行って映画と浮世絵見てきました。
 先ずは「オケ老人」、杏が可愛い!!小松政夫他老人が良い味出してる!! 
 続いて原安三郎コレクション「広重、北斎、国芳」夢の競演。老眼鏡掛けて細部まで見ていたら肩こって……
 どちらも良かったです。(もく)

2016年12月3日

もく散歩シリーズ
 昨日まで冬前のスポーツ店挨拶廻りで東京でした。暖かいですね。
 厚着し過ぎでつゆだく?じゃなくて汗だく!雪、降らない訳だ。(もく)

※写真はみなとみらい線日本大通り駅。横浜スタジアムの最寄駅なのでベイスターズ一色!

 今ではすっかり観光スポットになってしまった赤レンガ倉庫、僕が極短い?サラリーマン時代には現役倉庫でした。
 手積み、手降ろしが当たり前の時代、汗を掻きながら仕事してたのが懐かしいです。(もく)
 今はヤング(死語?)のファッション発信の街になっている原宿ですが、僕が知っている40年前は大人の街でした。初めてバーボンを呑んだのも原宿ペニーレイン……
 都内最古の木造駅として知られる原宿駅、今後どうなるのでしょうか。(もく)

※駅前のICI山専原宿店は来年2月に閉店です。

 東京へ行ったときの昼食は立ち食いそば屋巡りになります。朝食を抜き、時間をずらして2軒は行きます。
 日記に何度も登場する六文そばは外せない一軒です。げそ天そば400円!絶品です。(もく)

2016年12月8日

 やっと降りました。除雪車初出動です。んっ〜、40cm位かな?
 箕輪スキー場も明日、再OPEN。滑りに行けたら……明日の日記お楽しみに。(もく)

※一歩は大喜び&さすけはストーブ脇を占領

2016年12月12日

 初滑り完了。今日でまだ2回目ですが、滑りは名(迷?)人の領域。
 やはり天性のアスリートの血が……因みに芸人の血じゃ無いからね、念の為。(もく)

2016年12月17日

 昨夜はさすけ初の夜の雪上散歩でした。嫌がると思ったらズンズン進んで大喜びの様子。
 次回は一歩も誘って2名+2匹で出かけようと思います。(もく)

※昨夜から40cm位積雪が有り各スキー場一安心……かな?

2016年12月20日

 今年最後の文科系はお手軽映画鑑賞でした。「夫婦どちらか50歳以上」割引でお安い娯楽です。
 このところ邦画にハマっているのでやっぱりここは「海賊とよばれた男」でしょ。
 涙もの感動大作! お勧めです。(もく)

2016年12月26日

 このところ続いていた忘年会も「もくもく初滑り&忘年会」が最後。何時ものメンバーで締めの忘年会なのでいつも以上に呑んでしまうのは恒例?
 そこで、弛んだお腹を引き締める?為、下見がてらゴールドラインを登ってきました。積雪1cm!ツアー、こりゃ無理だわ。(もく)

[このページの先頭へ戻る]

 


 -Support by Yoshiji NUNOTA-