更新情報のRSS

裏磐梯日記 2018
裏磐梯日記 2017
裏磐梯日2016
裏磐梯日記2015
裏磐梯日記2014
裏磐梯日記2013
裏磐梯日記2012
裏磐梯日記2011
裏磐梯日記2010
裏磐梯日記2009
裏磐梯日記2008
裏磐梯日記2007
裏磐梯日記2006年4期
裏磐梯日記2006年3期
裏磐梯日記2006年2期
裏磐梯日記2006年1期
裏磐梯日記2005年4期
裏磐梯日記2005年3期
裏磐梯日記2005年2期
裏磐梯日記2005年1期
裏磐梯日記2004年
裏磐梯日記2003年
裏磐梯日記2002年
裏磐梯日記2001年
裏磐梯日記2000年
裏磐梯日記1999年
裏磐梯日記1998年

 

2007年1月1日

 皆さん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
 昨年末の大雪で磐梯地区のスキー場もやっと滑走可能になりめでたし、めでたし…。
 で本当に良かったしょうか?一昨年は11月から雪が降り年内中に2mを越す積雪で各地で被害が出ました。
 私も裏磐梯で生活し20年経ちますがこの小さなエリアでさえ??な事が多くなりました。時期外れ大雪や大雨、紅葉の色付き、猛暑…
 高度成長に支えられ右肩上がりで進んできた日本は何か大切な物を置き忘れそのツケが今現れはじめたのでしょうか。グローバル化と言われますが、地球規模で考える事も大切ですがその前にもっと小さな身近な事に目を向け実行してみてはどうでしょう。
 車の窓を閉め切ってエアコン効かせ、裏磐梯に到着「高原って良いよな〜」。高原の風は爽やかですよ。(もく)

 

2007年1月8日

 この連休の天気も凄まじく雨&風、猛吹雪、中吹雪の3日間でした。そんな中ネイチャースキーStep1の講習を強行実施。参加者の反応は…大満足!!
 特に猛吹雪の五色沼ツアーは樹林の中ということで予想通りさほど風の影響も無く新雪&パウダーに大感激の連続でした。
 本日新規ネイチャースキー大好き人間誕生しました。(もく)

※デジカメの電池切れで携帯で撮ったので悪画像申し訳ありません。

2007年1月12日

 明日から始まる「スノーシューツアー猫魔平」の下見に行ってきました。
 ご覧の通りこのフィールドはブナ等の巨木が多く残る貴重な巨樹フィールドで猫魔スキー場からも近く、リフトを使って“橋幸夫の「霧氷を〜」(知ってる人だけ理解れば良いです)”が見られるこの時期一押しのスノーシュー&ネイチャースキーフィールドです。
 シーズンは始まったばかり。裏磐梯は皆さんをお待ちしてます。(もく)

2007年1月18日

 今日はテレビ新潟の取材の手伝いで看板アナウンサーのタマキさんとスノーシューです。
 すっご〜く楽しみにしていた仕事でコースは不動滝。
 白い妖精たちが舞う中、熊棚やヤドリギ、アニマルトラック…そして憧れのニホンカモシカとの遭遇。
 大満足の1日でした。“タマキさん、次もご一緒させて下さい”(もく)

※写真のブドウツルのブランコは毎日午後実施の「不動滝スノーシューツアー」で体験できます。

2007年1月24日

 わぁ!遭難者救出…ではなく2日間連続で受講した雪崩事故防止講習会の一場面です。
 講師はSRT-1でもお世話になった阿部氏。冬山の怖さを学習した2日間でした。
 BCスキーの楽しさを伝えるのがガイドの仕事ですが、危険を察知し事故を未然に防ぐことが一番の仕事だと改めて感じました。
 皆さん、山に入るとき「ビーコン、プローブ(ゾンデ)、スコップ」は必携ですよ。(もく)

 

2007年2月5日

 毎年2月の第1日曜日に実施している「裏磐梯高原2時間トライアル大会」は、今年で25回を迎えた伝統のクロスカントリースキー大会です。
 ここ数年は好天に恵まれていましたが今年はご覧の通り最悪のコンディションでの開催になりスタッフ&選手一同「お疲れ様」の大会でした。
 でも終了の花火が上がった瞬間はみんな大満足の表情で目出度し目出度し…。
 3月11日はクラシカル大会です。(もく)

2007年2月12日

 大混雑の3連休もゲレンデを離れオフピステに入ればプライベートフィールドになります。
 デロデロ雪の「雄国沼」、少し新雪が積もった「猫魔平」、そして待ってました最終日。西大巓山頂からグランデコスキー場までパンダーダウンヒルで締め括り。
 身体はヘロヘロ…でも、参加者全員大満足の3日間でした。(もく)

2007年2月18日

 今シーズンから新しくスタートした「スノシューツアー猫魔平」はブナの森を歩くプログラムです。
 土曜日はご覧のような「どっ晴天」で参加者の顔は「えへへ…」状態で実施されました。
 木々に付いた霧氷、白い磐梯山そして眼下に広がる猪苗代湖。何を見てもやっぱり「えへへ…」な3時間でした。(もく)

2007年2月27日

 週末に実施した「絶対上手くなる!テレマーク講習会」は定員一杯大盛況で、参加者全員「上手くなった!」?と自画自賛で終了しました。
 翌、月曜日はスタッフ研修を兼ねた講習会です。こちらは上手くなったかどうかは自己判断に任せるとしてご覧の通り晴天、貸切状態で大満足の1日でした。(もく)

2007年3月4日

 今シーズンはイエローに成らず「幻」で終わってしまうのかと思っていた「イエローフォール」ですが今まで見てきたうちで最少規模で出来上がっていました。
 これから大きくなることはないので今シーズン見納めになりそうです。(もく)
※3/4現在、銅沼の氷は融け渡れません。

2007年3月11日

 全国的に雪不足でスキー大会の中止が相次ぐ中「第3回裏磐梯高原2時間トライアルクラシカル大会」は無事開催されました。
 この時期には珍しく冬型の吹雪!前日までの雪不足が嘘のような天気でした。
 皆さんお疲れさん。(もく)

2007年3月16日

 今までの暖冬&雪不足が嘘の様な冬型気圧配置が続くなか昨日「ブナ太郎」に会いに行ってきました。
 もう相当な高齢なので元気でいるか心配でしたが「まだ私は元気だべ〜」とばかり枝を伸ばしていました。
 いつもなら雪面すれすれにある「こぶ」が見上げる所にあるので積雪は1m以上は少ないようです。(もく)

2007年3月25日

 雨予報の週末でしたが土曜日は何とか持ちこたえ「猫魔平」周辺を滑ってきました。
 さすがパウダーは無理でしたが少し重めの深雪を堪能でき、春ツアー満喫です。
 今シーズンは雪が少なくあと何回滑れるでしょうか。(もく)

2007年4月1日

 雪、降らんぁ〜…と心配していた今シーズンですが何とかこの週末で裏磐梯での冬プログラムも無事終了しました。予想外のパウダー西大顛とチョイ悪雪の雄国山…どちらも楽しいツアーで参加者全員“えへへ顔”。
 まだまだ、春の浄土平ツアーが残っていますが取り合えず、今シーズンありがとうございました。(もく)

2007年4月5日

 4月に入ると各地で花をテーマに「○○まつり」が開かれますが蕎麦で有名な山都町の「福寿草まつり」に行ってきました。
 今年は花時期が早くピークは過ぎたもののその分キクザキイチゲやカタクリも咲き始め平日の静かな散策で春満喫です。
 あれ?今、外は吹雪…やれやれの気候です。(もく)

2007年4月8日

 今日(8日)は磐梯吾妻スカイラインの開通日です。という事は浄土平・鎌沼ツアーの開始日でもあり勿論、行ってきました。
 雪不足の今シーズンを物語るように「雪の回廊」は2m程低く湿原も出ていました。
 でも、蓬莱山のオープンバーンはブッシュも無く気持ちよく滑れます。勿論、私も大満足!!(もく)

2007年4月16日

 今回も浄土平ネタです。日曜日に行ってきましたが1週間前とあまり変わらない積雪でほっとしてます…っと言うよりも全然減ってない!!
 料金所のおじさんが「上はアイスバーンだよ…」の言葉に「えっ??」でしたが行ってみて納得。久しぶりに4WDで走りました。
 4月でも山の上はまだまだ冬です。さて、来週もまた、浄土平ツアーです。(もく)

2007年4月23日

 先週は肌寒い日が続き「山は雪だべなぁ〜」と思っていたら浄土平には20cmの新雪。
 ちょっと重目でしたが天気もまぁまぁ、参加者のほとんどがこれで滑り納めということで、各自最高の滑りを満喫していました。
 これで冬のプログラムは全て無事に終了です。皆さんありがとうございました。
 さあ〜頭を「夏モード」に切り替えてまた、裏磐梯に遊びに来て下さい。(もく)

2007年月29日

 いよいよGWです。多くの人がこの日記も見ず「八甲田でスキーだ!」とか「伊豆でシーカヤックだ!」とか…多分家に居ないんだろうな。そうです、休みの日は外で思いっきり遊んでその疲れは会社で取りましょう??
 さて、今年も期間限定で家族が増えました。いつもの二人なのか出たり入ったりして巣の修繕に大忙しです。これから「ツバメネタ」が多くなりそうです。(もく)

2007年5月4日

 今日も天気が良いので「ふらっと」カヌーをしてきました。勿論、掃除も後回し。昔から好きなものから先に食べる習慣は遊びでも一緒です。
 4月に気温が上がらなかったせいか水温も12度とちょっと低めなので初沈しないように緊張の初漕ぎでした。(もく)

2007年5月10日

 好天に恵まれたGWも終わり静かな裏磐梯が…と“日記には書いておこう”(このフレーズ判る人いるかな?)
 そうです、これからは林間学校で訪れる子供たちで賑わう裏磐梯になります。カヌー体験も今日からスタートです。
 まだまだ冷たい湖水にもめげず元気な日立市立十王中学校の生徒たちでした。(もく)

2007年5月19日

 ブナの森は季節に関係なく癒し効果満点ですが私はやっぱり新緑が一番だと思っています。
 柔らかな緑に包まれ風に揺れる葉のすきまから射す初夏の柔らかな日差し…ねっ、癒されるでしょ!
 写真は「裏磐梯自然遺産」(勝手に命名)に登録(勝手に登録)されているブナ太郎でこの地域一番の巨樹です。
 相当な老木のようですが頑張って枝を張り根を広げています。(もく)

2007年5月27日

 自然は五感で楽しむものだと言いますが中でもこの時期はやっぱり「味覚」が一番!そう山菜でしょう。
 週末は天気にも恵まれコシアブラ、タラノメ、ハリギリ、ミズ(ウワバミソウ)、アケビの新芽そして葉ワサビ…
 採りたての自然の恵みを満喫した2日間でした。(もく)

2007年6月3日

 今日は新緑のブナ太郎に逢いに行くエコツアーでした。
 枝を「これでもか!」と言いたげに広げ、眩しいくらいの優しい緑に包まれた巨樹はやはりこの地域の「主」だなと参加者一同認めざるをえない風格がありました。
 次回このツアーは秋に開催です。(もく)

2007年6月13日

 今まで殺風景だった雄国沼湿原もレンゲツツジやコバイケイソウが咲き始めやっと初夏を感じられるようになりました。
 10日(日)には無事「雄国の山開き」も済み本格的な夏のトレッキングシーズン到来です。
 ニッコウキスゲは来週からが見頃…かな?(もく)

2007年6月17日

 やっぱり予報は外れるものなのかこの週末は絶好のトレッキング日和でこちらは予定通り「田代山&雄国沼」の両湿原を歩いてきました。
 ちょっとマイナーだった田代山湿原ですが尾瀬の単独国立公園化で指定地域にも入りこれからトレッカーが増えてしまうのが心配です。
 お目当ての「オサバグサ」はちょっと早めでしたが天上の楽園を満喫した1日でした。(もく)

2007年6月25日

 梅雨の晴れ間がぴったり週末と重なり花三昧(ワタスゲ、ヒメサユリ、ニッコウキスゲ)のトレッキングを楽しんできました。
 雄国沼湿原は前日地元紙で紹介されたこともあり木道は大渋滞したそうです。(私たちは早出して午前中に下山してきたのでのんびり出来ましたが…)
 花は今が盛りで来週も大丈夫でしょう。(もく)

※行く時に有った「ササバギンラン」が下山時には見事盗掘されてました。

 

2007年6月28日

 またまた「ニッコウキスゲ」ネタで申し訳ないですが何回でも紹介したいくらい今年は綺麗です。
 完全に今がピーク!今週末の天気はちょっと心配ですが是非一度ご覧あれ。そして、人出もご覧あれ!(もく)

2007年7月2日

 今回もまたまた雄国沼ネタですがニッコウキスゲもそろそろピークを過ぎ、これが最後の登場でしょう。
 濃い霧に包まれた湿原はまさに幻想的で別世界のようで…と思っている内に霧が晴れ、「こんなに人が居たの?」ガッカリ。でもみんなそれぞれに最後の花を楽しんでいました。(もく)

※トキソウ、アサヒランは今が見ごろです。

2007年7月8日

 この週末は夏休み前最後のプログラム「花の吾妻連峰”七夕”山行」でした。
 予想に反し天気にも恵まれチングルマ、イワイチョウ、ツガザクラ…の花三昧登山で、こちらは予想通りコースタイム大幅遅れで小屋到着でした。(もく)

2007年7月16日

 雄国沼のニッコウキスゲが終わり次の楽しみは幻想的な光で本格的な夏の訪れを告げる蛍です。
 今夜、台風も無事通過したので久しぶりの蛍鑑賞してきました。
 この写真で雰囲気だけでも楽しんで下さい。(もく)

2007年7月24日

 いよいよ夏休みです。まだ、梅雨明けしていませんが今日はカヌー日和。
 今まで雨で実施できなかった「ファミリーカヌー体験」ですがやっと開催でき一安心。
 後はシャワーウォークの実施を待つだけです。明日中津川に下見してきます。(もく)

2007年7月28日

 天気が心配された今日の「シャワーウォーク」ですがやっぱり晴れ男の私の力でしょうか、見事!予報を変えてしまいました。
 でも、水の冷たさまでは力が及ばず「ひっじょう〜に冷たい!」(財津一郎風??)でした。
 梅雨明けが待ちどしいもくさんです。(もく)

2007年8月6日

 先週梅雨明けして夏本番を迎えた裏磐梯。シャワーウォーク、カヌー体験共毎日大盛況!!
 お天気次第の商売なので取りあえずこの晴天が続くのを天に祈るばかりです。(もく)

2007年8月7日

 昨日に引き続き晴天です。
 今日のもくさんはシャワーウォークガイドでした。
 腰の引けてる子供たちを優しく?怒鳴りつけて体育会系指導の一日。全員、飛び込み&川流れ成功。
 明日もシャワーウォーク担当です。今年の夏休みはガキ大将を沢山造るぞ!!(もく)

2007年8月18日

 「記録更新!多治見で40.8度」だそうですが裏磐梯はこの数日涼しい日が続き、時折雨も降り少しだけ秋の気配を感じるようになりました。
 でも、まだ夏休み真っ只中!!シャワーウォークは大賑わいで実施中。
 普段のストレス解消にはダイビングが一番です。(もく)

2007年9月10日

 「何時まで夏の写真載せてんだ!」という声が各方面??から聞かれ「書き換えしなきゃな〜」とは思ってたけど頭がまだ夏休み中でした。
 さて、「2時間トライアル」といえば冬の裏磐梯の風物詩ですが今年から夏もやっちゃえ!という訳で9日に第一回大会が開催されました。
 選手は勿論、スタッフもいい汗をかいた2時間ででした。(もく)

2007年9月17日

 少し早い秋を求めて西吾妻山に行ってきました。雨予報が見事はずれ少し汗ばむ位の絶好の登山日和。
 やっぱり普段の行ないがが良いと??こうなるんですね。
 例年通りだと10月上旬には紅葉が始まりますが今はまだ、ウルシが少しだけ赤くなっているだけです。(もく)

2007年10月8日

 連休前半の秋晴れにガイドで磐梯山にいってきました。
 10日前はまだ紅葉していなかった葉もここ数日の冷え込みもあり弘法清水から上は赤く色付きちょうど見ごろ。
 これから一気に高原へ駆け下りてきます。(もく)

2007年10月14日

 年3回実施している「ブナ太郎ツアー」も今日の紅葉ツアーで無事終了です。
 「厳冬」、「新緑」それぞれ違う顔を見せてくれたブナ太郎に感謝。(もく)

2007年10月29日

 裏磐梯の紅葉もピークが過ぎ猪苗代方面に下り始めてます。そこで今日の朝はちょっと早起きして「達沢不動滝」へ行ってきました。
 ここに来るのは久しぶりで紅葉時期は初めてかな?ここもちょっと遅めでしたが静かな散策ができました。(もく)

2007年11月8日

 志津倉山に行って来ました。先月の小野岳に続きプライベート&下見登山です。
 ブナ、シナ、トチ等の巨木が広がる奥会津の見本のような山で鎖場もあり変化に富んでいます。
 来週は博士山に行ってきますがこの3座と大戸岳を加え来年のグリーン期の新企画として登場しますのでご期待下さい。(もく)

2007年11月19日

 裏磐梯もやっと雪が降りました。昨日の午後から降っていたミゾレが朝起きたら雪に変わっていました。
 雪囲い、スタットレス履き替え、スキーワックシング…準備万端です。
 さぁ〜降れ降れ!来週にはスキー場オープンです。(もく)

2007年11月22日

 ♪雪やこんこ、あられやこんこ…♪とのんきに歌っている場合じゃなく一夜にして真冬の景色です。
 雪が降ったらじっとしていられない性格なもんで早速スノーシューで散歩に行ってきました。
 7ヶ月振りの雪の感触はやっぱり良いですね。次はゲレンデデビューです。でも今日から高知県仁淀川にカヌーしに行くんだよな…あれっ??(もく)

2007年12月1日

 今日はお客さんとグランデコで初滑りです。昨年は「何時降るにかね〜」と毎日空を見ていましたが今シーズンは取り合えず「ほっ」としてます。
 今雨ですが予報では「♪雨は夜更け過ぎに、雪へとかわるだろ…♪」だそうで期待してます。

 さあ、明日はパウダーだ?? ちょっと気が早いか。(もく)

 

2007年12月10日

 昨日は天気も良かったので休暇村を歩いてきました。今シーズンからコース整備をしなくなりパフパフ新雪の歩き放題フィールドになりました。
 まだ、積雪は少なく遊歩道部分のみですが「足慣らし」にはちょうど良いでしょう。(もく)

※写真は猫魔スキー場です。グランデコ共一部滑走ですが雪質良好です。

2007年12月17日

 街中で夜中に望遠鏡のぞいていると怪しいおじさんになってしまいますが裏磐梯では普通の人です??。
 と言うわけで寒さに耐え3:00から1時間程眺めていましたが冬の夜空はこれでもか!の天体ショーでした。
※ちょこっと写真撮ってみました。オリオン座と冬の大三角形です。(もく)

2007年12月25日

 達郎やワムのメロディーが街中に流れ、浮かれていたクリスマスも終わり次はお正月を待つばかり…何だやっぱり浮かれるんじゃん。
 さて、この連休は裏磐梯のスキー場、全て全面滑走で状態も良好。五色沼や中瀬沼もスノーシューやNスキーで歩けました。
 お正月は浮かれてないで身体動かしましょう。(もく)

2007年12月27日

 晴れの日に家で大人しく居られるもくさんではありません。まして今日が年内最後の晴天と聞いたら尚のこと。
 スノーシュー担いで(履いて…)イエローフォールに行ってきました。まだ、色はホワイトでしたが晴れていればなんでもOK!!最高の1日でした。(もく)

[このページの先頭へ戻る]

 -Support by Yoshiji NUNOTA-