更新情報のRSS

裏磐梯日記 2018
裏磐梯日記 2017
裏磐梯日2016
裏磐梯日記2015
裏磐梯日記2014
裏磐梯日記2013
裏磐梯日記2012
裏磐梯日記2011
裏磐梯日記2010
裏磐梯日記2009
裏磐梯日記2008
裏磐梯日記2007
裏磐梯日記2006年4期
裏磐梯日記2006年3期
裏磐梯日記2006年2期
裏磐梯日記2006年1期
裏磐梯日記2005年4期
裏磐梯日記2005年3期
裏磐梯日記2005年2期
裏磐梯日記2005年1期
裏磐梯日記2004年
裏磐梯日記2003年
裏磐梯日記2002年
裏磐梯日記2001年
裏磐梯日記2000年
裏磐梯日記1999年
裏磐梯日記1998年

2006年1月1日

 明けましておめでとうございます。
 今年もペンション&塾&スタッフ一同宜しくお願いいたします。
 今年は全国的に大雪でスキー場はじめ観光施設では喜んでいることでしょう。
 実際雪が少なかった昨シーズンよりも私自身顔が綻んでいるのも事実ですが単純に喜んでいて良いのでしょうか?地元のじい様に聞いても12月にこれだけの積雪が有ったのは記憶に無いとのこと。
 ここ数年世界的にも「過去に無い記録的な…」を聞く機会が多く誰もが「これって異常気象?」と気が付いているはずです。

 やっぱり自然界の誰かが怒っているのでしょうか。手遅れにならないうちに一人ひとりが「何か」に気づき「何か」をやらなければいけないのでしょう。
 でも、その「何か」って何だろう?2006年はそのことを考える年にしたいと思います。(もく)

 

2006年1月3日

 スタッフの高橋真希です。みなさま今年もよろしくお願いします。
 昨日初仕事で野鳥の森、今日はデコ湿原付近を下見。どちらもブナ林で、ブナに新しい熊だなができてました。
 12月に休暇村の中で熊だな探したらちょっとしかなかったけど、やっぱり山の実りが多かったんだなあ。
 さて昨日午前現地つく前、交通事故にあったウサギ拾い、今日午前は交通事故にあったリス拾いました。…積雪時期が例年とずれてるのが関係あるのかわからないけど、今、道路脇は雪壁ができてて、道路に降りた動物達はすぐ逃げられない状況です。運転の際はお気をつけ下さい。(まき)

 

2006年1月6日

 朝−10℃寒っ。でも日中穏やか。
 五色沼&不動滝スノーシューツアーは雪サラサラ本日はお日柄もよく!山見えるし、足跡はイタチ・リス・ウサギ・テン・ネズミ・カモシカ・サル。
 15:27お客さんと一緒にサル5頭目撃。よかったあ!(まき)

 

2006年1月7日

 ついに始まりました、もくもく新企画「バックカントリースノーボードツアー」。今日はバックカントリー初心者向けのステップ1。
 もう、昨日は遠足の前の日みたいな気分。楽しみで楽しみで今朝はいつもより早く目が覚めてしまいました。
 で、肝心のお客さんは…女性1名。うーん。ま、新企画だし、まだ知名度もないだろうから仕方ないか。(と、自分を慰めてみる。皆さんの参加をお待ちしております)
 でも、記念すべき最初のお客さん。参加してくれてホントにありがとう!(感涙)
 初日なだけにいろいろチョンボもしつつ(笑)、なんとか無事ツアー終了。楽しんでもらえたかなぁ?(りょう)

 

2006年1月8日

 昨日この冬初めて風呂場とトイレの水道が凍りました。−13℃?
 今日も凍ってる。台所は出るのでなんとかなってます。
 今日近所の店で髪切ってきました。店の人は地元生まれ。「子供の頃モモンガ飼ってたよ」「えっ!初めて聞いた!」「お父さんキコリだったから、山から連れてきたの」「今度詳しい場所とか聞かせてっ」彼女同い年なんだけど、私が子供の頃捕まえてたのはアマガエル〜。さすが裏磐梯。(まき)

 

2006年1月9日

 '06年になり降雪は一段落したようですが寒い日が続いています。ここ数日は日中も氷点下の「真冬日」でご近所挨拶も「よく降るね〜」から「今日は冷えるね〜」に変わっています。
 でも、私たちOD人間にはダイアモンドダストが観られる絶好のチャンス!
 もちろんこの時のツアーでも見ることができラッキーでした。雪が降っても寒くても楽しさいっぱいの裏磐梯です。(もく)

P.S.写真は猫魔の「やまおやじ」シナの巨木

 

2006年1月11日

 ひとりデコ〜♪…って歌うどころじゃなくて、スノーシューでゲレンデから山入って斜面登りで腰ラッセルした時にゃ後悔の嵐。交代する人のないラッセルはサビシイのだよ。
 オオシラビソの尾根を下りだし、この山全部もらった!(←バカだよね・笑)って調子に乗ってた12時、眼の前でカモシカがラッセルしながら下っている。カモシカを追って行くと、下からウサギが跳ねてきた。やったね!(まき)

 

2006年1月12日

 晴れた。夕空に丸い月。-6℃だけど風なし…絶好のムササビ・モモンガ観察日より。行かなきゃ(笑)
 モモンガ巣穴のある森に入ると17:09青い色の残る空をバックにムササビが滑空。おお!モモンガ巣穴前で30分張り込むも、出る気配なし。
 「そうだ初めてムサ見た森に行ってみよう」車で移動しトチノキの森へ。18:05グルル、とムサの声。どこかにいる〜!耳すますとパキ…パキと枝の折れるような音。その木を見ていたら18:15ムサ滑空!
 ハシゴしたかいがあったぁ(^-^)(まき)

 

2006年1月13日

 週末から天気が崩れるというのでその前に「風と水の自然美:しぶき氷」を観てきました。
 今まで冬型の気圧配置が続いていたのでこの時期にしては素晴らしい出来栄えの芸術作品を堪能。自然の力は計り知れない底力を持っています。(もく)

※平日送迎サービスを利用して企画参加(スノーシュー五色沼などAMプログラム)すれば駅送りの途中でご案内できます。

 

 朝5時、部屋のファンヒーターをトイレ前にヨイショと運びスイッチオン。一週間凍りっぱなしじゃ水道管破裂するかもしんないし、なにしろ不便だ。9時過ぎに出かけるまであっためたが風呂場もトイレも変化なし。
 昼間気温0℃まで上がった。3時に帰宅、ヒーター再点火。風呂場は蛇口にお湯何回かけても出ない。トイレは流れたっ!!胸のつかえがとれたようだ。よーし、あと風呂場だけ!(まき)

 

2006年1月14日

 フトンのなかでうつらうつらしてると寝耳に水音。もしかして…。そうです風呂場の開けてた蛇口から水がでたんです。うれしい〜。
 今日は雨、午後の気温3℃。表にでたらうちの中より外のほうがあったかい。なんてこった(笑)(まき)

 

2006年1月20日

 青空覗くよ西大巓、見下ろす景色は雪の祭典、雪が軽けりゃ100点満点、窪地にはまって大回転。
 どうもっ、「乳酸がたまるのが気持ちいい!」チーム乳酸ズのワタナベです。
 ボード背負って西大巓に行って来ました。スキー場の山頂付近で-15℃。ヒゲも凍ります。膝下から股下ラッセルです。ひとりはツライです。それでも乳酸ズ的には、偽ピークは巻かずにあえて登ります。
 本物ピークではとりあえず雄叫びを上げます。ひとりなので恥ずかしくありません。「○○ちゃんが好きーっ!」とかは言いません。雪、重いです。でも、重いなりに後ろを踏んでいけば雪上をダンサブルライディングです。意味がわかりません。
 あ、西大巓雄叫びツアーというものは特に予定しておりません。あしからず。(りょう)

 

2006年1月27日

 昨日うちの風呂沸かしてみたら無事沸きました。釜の不調解消!めでたく入浴。は〜風呂はいいな〜。
 ***
 今週4回不動滝ツアーに行き、24日には一度に8頭くらいサルに会いました。会うのは1月6日以来のこと。
 今日は新しいサルの足跡8頭ぶんとオレンジ色の実が混じった新しいサルふん発見。会ったのが群全体なのか、群の一部なのか不明ですが、彼らのテリトリーだってことには違いない。(まき)

 

2006年1月28日

 何年ぶりかで中津川に向かう林道を歩いた。
 カラマツ植林の単調な道を登れば、ミズナラやブナ、クロベの大木がまとまって残る場所に出る。樹皮に毛羽立ちがある。ムササビかモモンガがいるかもしれない。また調べにこられるだろうか。
 ここからグランデコ方面に林道をたどり、ついに道の判別がつかなくなったが、スキー場は見えた。
 尾根を下りきって、一息ついたら森の奥からカモシカがこっちを見ていた。(まき)

 

 はいはい、バックカントリースノーボードツアーStep1。
 前回は天気が崩れてできなかった森の中での雪上ランチ。スコップで雪のテーブルを作る。ボードをイス代わりにセットして完成。
 ブラウニー、作ってきました。シナモンを効かせたホットワインと一緒に、さ、召し上がれ。
 さて、満腹中枢が働いてきたところで。滑る準備はできましたか?極上のパウダー、さ、召し上がれ。(りょう)

 

2006年1月29日

 晴れー。風なーし。山きれーい。新雪少々。文句なし!!
 不動滝の上に行く。高い所苦手なんで真上から覗くなんて無理!!
 滝の上は見通しいいブナ林。奥のあれは切り株?…じいーっと見てたらそれが動いた。タヌキだっ。のそ、のそ、ふんふん(←餌さがしてる模様)、のそ。リラックスして歩いてた。
 斜面登ってるとムササビの真新しい食痕発見。やったっ!やっぱり冬はこれです(笑)(まき)

 

2006年1月30日

 先週末は毎年恒例、新潟のODショップ「WEST」のスノーシューツアーでした。
 ガイドが良いのか?不思議といつも好天に恵まれ今年もご覧の通り「ドッピ〜カン」。
 ウェアメーカー「コロンビア」の担当者もいつもながらのノリで盛り上がり大盛況で終了しました。
 イエローフォールも今年は久しぶりに「デッカイ」です。ツアーは毎日実施してます。(もく)

 

2006年2月2日

 …っと、2月だ。雪の時期に行きたい場所歩いとかなきゃねー。けんちゃんが雄国沼行きませんかと言うのでそりゃぜひ!!と思ったけど諸事情により八方台にする。
 好きだなあ〜ここのブナ林。私は吾妻のブナ林より落ち着くなあ。なんでかわかんないけどなあ。
 家帰ってザックあけたら入れてたドーナツがグチャ…いっぱいこけたからなー。食い意地から滑りを反省するタカハシです。(まき)

 

2006年2月6日

 昨日は私が事務局を務める「第24回裏磐梯高原2時間トライアル大会」が行われました。
 主催者はペンションオーナー3名で実行しているという驚くべき大会で今年は260名を超える参加者で賑わいました。
 レーシングワンピースに身を包んだバリバリレーサーやなんちゃってレーサー、そして参加することに意義がある!と言う人それぞれが楽しんだ2時間でした。
 来月(3/12)には姉妹大会「第2回裏磐梯高原2時間トライアルクラシカル大会」が行われます。(もく)

 

2006年2月7日

 今日の不動滝ツアーはあったかくて、ぺしゃ〜とした雪歩き。帰りは雨。4日5日は-10℃切ってパウダースノー・ひざラッセルだったのに、なんたる違い。
 でもいいことありました。滝近くでモモンガのふん初見!!いそうだな〜と思ってたけどやはりいたか(笑)モモンガのふんとムササビ食痕は何べん見つけてもうれしいっ…変ですかね。(まき)

 

2006年2月8日

 やっと雄国に行けたー!うれしい。
 りょう君ボード&スノーシュー、けんちゃんテレマーク&スノーシュー、タカハシはウロコ付きテレマーク。
 10:30りょう君がウサギ目撃。13:20、13:47の2回タカハシもウサギ目撃。最後に見たウサギは茶色。「うそっ」足跡見に行ったらまぎれもなくウサギ。目立ってた〜。
 最後の「熊落とし」(急斜面)けんちゃんキレイに滑走。上達したなあー。(まき)

 

2006年2月10日

 ひとりで雄国へ。今回は道の駅下山バージョン・初挑戦。まず雄子沢の冬道?登る。
 沢渡る箇所はしっかり雪があって問題なし(ここは以前、春先スキー外して裸足で渡ったことあり)。
 雄国山からは沼全体が見渡せ、喜多方や会津若松まではっきり。
 この後は未知の世界!地形図首っ引きで計画したルートたどると、スギやカラマツの混んだ植林に突入。ん〜いまいちだ…。あらためてラビスパ下りはいいルートだあ。
 さて本日の収穫。熊だな15、ウサギ遭遇2…気分はマタギ。(まき)

 

2006年2月12日

 けんちゃん案内で京ヶ森でテレマーク。小さな尾根や地図にない沼のありかを彼はよく把握していて、つくづくここ好きなのね〜と感心する。
 沢に沿って檜原湖へ出る。温泉が流れ込むあたりの水面が開いていた。面白い景色。
 あぁ雪がたっぷりで寒い時期は自由に歩けていい!夕方から吹雪になったけど。ひとつのものにプラスもマイナスもありますが私にとって雪はプラスが勝る。降りつもる毎に宝が増えてく気が…安上がり(笑)(まき)

 

2006年2月13日

 2月に入り本格的ツアーが始まりました。でも、ちょっと待てよ??
 積雪が多い、多いと言われていたはずなのに実際山に入ってみると例年より少なく、ブッシュ丈も高く感じます。
 今シーズンは何回楽しいツアーができるか心配な今日この頃です。(もく)

 五色沼&不動滝スノーシューツアー。
 11:00頃ウサギ目撃。お客さんと一緒に見たのは久しぶり。じっと休んでたのを驚かせてしまった。ウサギがいた場所が小さく窪んで中に足の跡がついてた。
 ネコくらいの大きさで、木の枝かじってるだけでよく生きてるよなあ…。けんちゃんとりょう君は小羊くらいのウサギ見てるそうですが(^_^;)。(まき)

 

2006年2月14日

 久々クロカンツアー。あったかくて春みたい。無風で山々くっきり・びゅりほー!
 雪重くて汗ダクダク・ふー!半袖でもよかったー。
 「きょろきょろしてるとウサギ見られることありますよ…あ!ウサギっ!」ツアーしょっぱな9:20言ったそばからミテシマッタ(笑)今日のお客さん幸運の女神に大笑いされてるのか?
 中瀬沼の反対側にいったらカモシカの足跡。目の前でコゲラが木つつく。虫取り網でとれそうデシタ。(まき)

 

2006年2月18日

 イエローフォールスノーシューツアー大盛況。ガイドツアーや、個人で来てる方等多かった。土曜日ですね〜。
 11:30頃ウサギ目撃。お客さん発見。そのお客さん「エビフライが見たい」メズラシイ人だ。よし!ここはひとつタカハシが見せましょう(笑)あ、もちろんリスの食痕のことですよ。
 ゲレンデ脇の森には縦横無尽にリスの足跡。線じゃないの面なの。ゆうべリス達になにが?!とにかくこれならエビフライも…みっけ!ふっプロだぜ(笑)。(まき)

 

 バックカントリースノーボードツアーStep2。天気もまずまず。今日の参加者は宇都宮からお越しのナイスガイズ。
 初日なので登りが少ないところを選んだとはいえ、ルートを変えて3本ライディング。
 “乳酸がたまるのが気持ちいい”乳酸ズの匂いがプンプン。来シーズンのバックカントリー合コンツアー開催を約束して、ツアー1日目終了。
 桧原湖がきれいだったので記念にパチリ。合コンに対する2人の意気込みが感じられた1枚。(りょう)

 

2006年2月19日

 イエローフォールのエリアはさらなる大盛況でした。日曜そして無風晴天。今年初めて飯豊と朝日連峰見た。スゴイ。磐梯山カッコイイ!ここはスイスか!?(笑)
 ところで今朝は6時で-12℃。日中はあったかかったけど裏磐梯の春は遠い…これでいいのだ(^-^)。まだ雪のなかで遊びたいぞ!(まき)

 

 バックカントリースノーボードツアーStep2、ツアー2日目。天気サイコー!
 行くぜ、ヤローども!山がオレたちを呼んでいる!
 あー、うめー。青空&雪景色&山の中で食うメシは、また格別。しんどい思いして登ったあとだから尚更。このまま昼寝でもしたいとこだけど、このあと刺激的なものが待ってるからね。
 行くぜ、ヤローども!カモシカたちに、魂のライディング、見せてやれ!
 お客さんにせっかく写真を撮ってもらったので、掲載。(りょう)

 

2006年2月20日

 裏磐梯にはサンショウウオが棲んでます。クロサンショウウオとトウホクサンショウウオとハコネサンショウウオの3種類。大人になってもみんな手のひらサイズ。なかなか見ることできないんですが卵は見つけやすい。
 早いのはそろそろ産むので、10日前から毎日産む池に通ってチェックしてるんですが…まだです。今年は初めての卵見たいのでガンバル。(まき)

 

2006年2月21日

 もう春か?ほけほけほけーっとなっちゃうヌクイ陽気。青空きれい山きれい。
 ゆうべしんしん積もった雪が古いトレースをリセットし、やわらかな歩きごこちにしてくれました。ようし。まだ遊べる!(まき)

 

2006年2月22日

 春なの?更にヌクイぞ。青空きれい山きれい。天候が安定してるのも3月っぽい。
 午前中スギ林でモモンガのふん探してたら、ヒガラの群に囲まれた。スギによっかかって見てたら目の前にキクイタダキ(←日本一小さい鳥)が。ヤマガラも。
 午後は不動滝スノーシューツアー。またスギ林でキクイタダキ。かわいいなあ。ゴジュウカラ、コガラ、ヒガラにも会いました。(まき)

 

2006年2月24日

 昨シーズンのイエローフォールは今頃が見ごろでしたが今シーズンはなんと「ホワイトフォール」になってしまいました。まだ、2月だというのに…とほほ。
 地元のじい様が言ってましたが「毎年雪の量は同じで早く降った年は年明けたら降んね〜だ」ハイ、やっぱり亀の甲より年の功??(もく)

 

2006年2月25日

 今日もヌクイ。青空も山もきれーい、天候安定、吹くは春風…快適早春ツアーじゃないか。
 五色沼スノーシューツアーでフキノトウ見っけ。春が来た!のヨロコビじゃなくえぇ〜冬終わっちゃうのぉ!の寂しさが。正直、冬!待て待て待ってくれ!の気分。
 それはそうと毎日観察してたクロサンショウウオの卵今日夕方ようやく初確認。は〜長かった〜。(まき)

 

2006年2月26日

 今日は雨のイエローフォールツアー。もといホワイトフォール(byすえみさん)ツアー。もくさんが写真アップしてると思いますが白いんです氷瀑が。不思議だなあ。
 でもこの雨で溶けたら中の黄色い氷がでてくるのかな?…ん〜みんな溶けちゃうか??
 なんにしても雪で遊ぶならお早めに〜。
 そうそう、すんごくのろいカナヘビ君に会っちゃった。冬眠あけらしい。(まき)

 

2006年2月28日

 スカーンと晴れた。西大巓に行く。
 昨日一昨日の強風と雨で雪はカチカチ。ピーク手前でスキーのエッジが効かなくて滑落。手ごわいぞ今日の山は…。スキーを外し、靴を蹴りこみながら登った。けんちゃんはスノーシューで順調に登る。
 磐梯山、雄国沼、安達太良、飯豊、吾妻の連なり、朝日連峰、蔵王?。猪苗代湖も裏磐梯全体も会津盆地も栃木県境の山も見えた。
 下ってオオシラビソの森のなかでお昼ごはん。「え〜と…一時間も転んできたんだ〜」けんちゃん笑ってました。(まき)

 

2006年3月1日

 朝方しばらくぶりに吹雪いてた。スノーシューツアーに出かけるときにはやんだ。ざくざくした感触の雪を踏みながらブナの森を歩く。
 ウサギの食べあと、カモシカの食べあと、ツキノワグマの爪痕。動物のいるサインはあるけどなかなか会えない。
 ツアーはもうすぐおしまい。スキー場の建物が見える。あ!カモシカ!!
 お客さんは撮影できた。私もそろそろザック下ろし、中からカメラ出して撮った。
 カモシカも、あ!人間!!て思ってたんじゃない?とすえみさんが言った。(まき)

 

2006年3月2日

 うっすら雪が積もりました。日々降ってくれ!!と願ってたのがやっと天に届いたか?
 大勢の踏み跡があった磐梯山の爆裂火口のなかも一面真っ白。あー、いい気持ち。
 日中も氷点下1℃。久しぶりに冷えてます。午後2時雪がまた降ってきました。その調子で頼みます(←誰に言ってんだ?笑)
 クロカンはいてないなぁ…夕方はいて出る。しまった雪上に新雪少々。湿っぽいが私には滑りやすい。檜原湖畔探勝路を行くと16:15ウサギに会った。追いかけて再会。去年の熊だなをいくつか発見。つり橋だ、白雲荘だ(おっ!予想外)、中瀬沼ぐるっと回ったら17:25さっきのと別のウサギに会う。2時間走りっぱなし。あー楽しい!(まき)

 

2006年3月5日

 どっピ〜カンの日曜日、やっぱりツアーを楽しむ人が多いです。今シーズンの傾向としてスノーシューが目立ち今日も熟年グループが多数入っていました。
 今月から猫魔スキー場のリフト1本(雄国第1Aリフト)がスノーシューでも利用できるようになり雄国沼へのアクセスが便利になりました。
 写真は雄国山頂上より磐梯山を望んだショット。(もく)

 

 朝-12℃から昼間6℃風弱し。アツー。サングラスあとクッキリ焼けました。
 今日の銅沼ツアーは展望ばっちし・穏やか・雪もうっすら・ガイドもステキで(←自分で言うか…笑)
 最高でしたねぇ。
 ゴキゲンな勢いのまま、ツアー後クロカンで裏中瀬〜檜原湖の入り江滑りまわる。おもしろい!
 流れ山(千葉のじゃなくて裏磐梯の小さい丘のことです)サイコー!流れ山の産みの親・磐梯山ありがとっ!(まき)

 

 天気がいい日は多くても、雪がいい日に当たることが少ない今シーズン(贅沢?)。バックカントリースノーボードツアーStep2。今日も天気はサイコー、雪はちょっと重め。でも、ついに出ましたHG。フォ〜〜〜〜〜〜〜!
 魂のライディングができたようで。新橋のガード下のような雪上ランチをしつつ(笑)、おいしそうなバーンに引き寄せられた迷子も出しつつ(笑)、ツアーは無事(?)終了。皆さん、お疲れさまでした。(りょう)

 

2006年3月6日

 雨です。濡れるなあ〜、今日ツアーなんだよなあ…。
 シカーシ、沖縄からきたお客さんや、初めてスノーシューするお客さん達は喜喜として遊んでました。
 お客さんの喜ぶ姿はガイドのココロを軽くします。あーよかった(^-^)。(まき)

 今にも雨に変わりそうな湿雪が降る中のイエローフォールツアー。吹き付ける雪が露出した肌ですぐに水滴に変わる。
 「風、いいですねー」え?ええ。「あ、まだ半分も進んでないんですか?うれしい!」そ、そうですか。とにかく元気なお客さん。
 プライベートツアー状態だったので、普段あまり使わないルートをとり、遊んで遊んで遊びまくる。「あははははははははははは」笑って笑って笑いまくった一日。
 あー、お腹痛い。“楽しい”ってホント幸せです。(りょう)

 

2006年3月7日

 晴れー。久々にお客さんとクロカンです。
 ハス沼・檜原湖・レンゲ沼、のれました。檜原湖の氷は70cmくらいでした。
 休暇村クロカンコースからパン工房ささき亭に行くルートも大丈夫。春めいてるけども、まだまだクロカンできるなぁ!
 ウサギのおしっこがブルーハワイの色してるのみました。今シーズン初。(まき)

 

2006年3月8日

 朝みぞれから雪。少し頭痛いし仕事続いてたのでこの天気なら体休めよう、と本読んでたら晴れてきた。
 う・おでかけ日和…いいや読んじゃえ…吹奏楽団がでてくる。悲しいことが続々起き、重い暗い内容なのにフンワリした話…ツキスミという馬が登場する話の雰囲気連想するな。ん〜いいな。(まき)

 

2006年3月9日

 晴れ!高曽根山ピークは展望360°!飯豊・吾妻・安達太良・磐梯山・裏磐梯も会津若松も見える。
 ここでお昼ごはん!最高〜。
 帰り道少しだけ(笑)新ルート開拓。りょう君がウサギ見る。
 湖望で温泉入って、また山へ。
 京ヶ森で滑りウサギ、レンジャク10、ノスリ?、新しい熊だな見る。遊び倒したぁ〜!(まき)

 

2006年3月11日

 晴れてそして春の風。雪も氷も溶けていく。そこに美しさを見いだす人もいるわけで。
 本日五色沼のヒットは溶けかけの弁天沼。水そのものの青より薄氷ごしの青がきれいでびっくり。早春は弁天ブルーだ!
 午後は不動滝。お客さんは「アイスブルーですね」と滝壺の氷見て言った。うん、きれいだなあ。(まき)

 

2006年3月13日

 冷え込んでます!今朝なんて-8℃。昨日に続き今日も雪。暑さ寒さも彼岸まで!ホントにね〜。
 昨日はレンゲ沼裏手のハンノキ林でお客さんがリス発見。やったー!コゲラ、ゴジュウカラも見た。ふぶいても鳥はさえずってた。
 ヤナギの芽ぶき、雪が溶けた湿地にミズバショウの新芽。確定申告済ませたぞ!(笑)
 春のきざしが増えてます。(まき)

 

2006年3月14日

 ガガガガガ…しばらくぶりに除雪車の音をふとんの中で聞く。昨夜降ったもんなあ。さ、起きなくちゃ…雪の朝は部屋が明るい。-8℃、サラサラ雪がつもり、昼間も降り続いた。雪遊びのシーズン少し延びたなー。
 明日天気が回復しそうなので遊ぶ予定たてた。パフパフ雪をスノーシューで歩く…一面銀世界…ああ、ウットリ…今日はウットリしつつ休養日(笑)(まき)

 

2006年3月15日

 すえみさんと出かけるのはこの冬2度目。ブナ太郎に会いに行く。
 銀世界トレースゼロ!ヒャッホー最高!橋のたもとの木の枝振りが、ハリー・〇ッターにでてくる木に似てるんだって。小さなピークに向かう時、我々はエベレスト登山隊になり、熊だなの木まで急斜面トラバースしながら動物学者になり、彩雲見つけて科学者のように分析…サイエンス・ファンタジック・アドベンチャー!なんだそりゃ(笑)た〜のし〜ぃ〜。(まき)

 

2006年3月17日

 家の周りを猿に包囲された。木に登るもの、雪面を歩き回るもの、2本足で立つもの…デカイのからちっちゃいのまでたくさんいる。
 仕事に行かなきゃいけないので家を出ると、それに気づいたボス猿らしきヤツが奇声を発して他の猿に伝える。サル語はわからんがたぶんそんな感じ。ぞろぞろと離れる方向へ動き出す猿。スノーシューで車に向かうぼくを遠巻きに見ている。
 いつもリスやらウサギやらカモシカやらの足跡だらけのはずの雪面は、ヤツらの足跡で染められてた。
 ザックの中に入ってるジャムパンを狙われたらヤダな、鍋焼きうどんセットは大丈夫だろうな、なんて思いつつ、今日が始まった。(りょう)

 

2006年3月18日

 数日ぶりの不動滝スノーシューツアー。今週は雪降ったけど雨も降った。沢沿いは大分穴開いてきました。
 滝直下の穴は、冬の間の積雪と氷が地層みたいな断面見せてて、その下覗けば滝壺が見えます。
 帰りにさるなしのツルのブランコやったけど、雪減ったんで乗るのがちょいと難しくなってました。「ハイジの気分!」だそうです(^-^)(まき)

 

2006年3月19日

 休暇村クロカンコースでお客さんとウソを見た。目の高さで、5mの近さ、肉眼でバッチリ。今シーズンまともに見るの初めて。美しい〜。
 午前中ホワイトアウトぽくて、ハンノキ林に入ると私たちしかいない。その状況がお気に召したようで「これいくらぐらいで買えるんですか」。ええ、ぜひ買ってまた来てくださいね〜(^-^)。
 午後から雄国沼へ。天気大荒れだけど、けんちゃんは「吹雪の時歩くのいいですねぇ」おいおいっ!(笑)。髪は真っ白でえびのしっぽ状態だぞ〜(笑)。でもお気に入りのブナに会い、カモシカに会い、ヤマドリ3羽に会い結局「行ってよかったねえ!」(笑)(まき)

 

2006年3月21日

 二日もふぶいたから、今日は晴れるでしょ〜、起きれば朝日がぴかー。
 よしよし、と裏磐梯スキー場へいったらば雪になる。あれ〜、ツアー中も終わっても止まない。
 日曜日バイト先の人が「2月の雪だね」と言った。ほんと冬だ。まだ遊べてうれしいけど冬眠あけのカナヘビ君は無事かなあ…などと思った。(まき)

 

2006年3月22日

 裏磐梯は野生動物の宝庫だと言うことを改めて感じた1日でした。
 午前中に五色沼探勝路で天然記念物のニホンカモシカ君(写真)に出会い、続けてホンドリスが横切り、午後は不動滝周辺でまたまたカモシカ君と遭遇。
 こんな日が有るんですね。
 今シーズン、スタッフの中で動物遭遇率No.1??のもくさんです。(もく)

 晴。気になってた相渡(1216.9m、読み方不)へひとりで行く。除雪してたら車でいける道を2時間スキーで歩く。ふへ〜雪重〜い。
 保科正之が造らせた旧米沢街道桧原峠を登れば吹く風も江戸時代(笑)。おー米沢盆地が雪で白く見える。
 福島・山形県境尾根をたどり相渡までは意外と楽勝。飯豊は飯森山の陰で見えないが、朝日連峰、月山、蔵王、吾妻、磐梯山が見渡せる。さすが県境!!そして山奥だー!なんかすごいとこきちゃったな(^_^;)。
 帰り片足びっこのカモシカにばったり出会う。後で写真拡大したら右ツノが欠けてた。野生動物もいろいろ大変なのね…。(まき)

 

2006年3月23日

 小雨がぱらつく中、まきさんと雄国へ。まきさんはスノーシュー、ぼくはスノーシュー&ボード。見下ろすと、雲の切れ間に極楽浄土(雄国沼ね)が顔を出す。
 うっとり。小屋で休憩をとり、猫魔方面へ登り返す。振り返ると、さっきまではなかった青空と極楽浄土。再びうっとり。
 途中、女性のボディラインのようなセクシーなブナを発見。『ナイスバディ太郎』と名づける。(だって巨木にはよく『○○太郎』って名前がついてるし)あ、『ナイスバディおやじ』ってのもいいな。(同様の理由)
 ちなみに「赤沼さんと行く巨樹街道、ナイスバディおやじをたずねて」なーんてツアーは今後もゼッタイにないと思います。
 さてさて。次に目指すは今日のもうひとつのメイン、猫魔ヶ岳。気づいたらガスの中。汗だくで辿り着いたピークでも眺望ゼロ。ボード装着。山頂直下ドロップイン。まきさんはスノーシューダウンヒル。斜度がけっこうあるので楽しそう。
 そっか、ここスノーシューで下るのもいいかも。雪がよけりゃもっと楽しいだろうね。写真は、まきさんのスノーシューダウンヒル(滑落?(笑))。(りょう)

 

2006年3月26日

 昨日は青空快晴。今日は曇り無風、山はクリアに見えている。天気よければ全てよし(笑)すばらし〜週末だ。
 動物見たい〜、と言いながら2日間歩いて会えず、今回も会えないか…と思ったツアー終了直前、リス登場!!リスよ感謝だっ!
 ガイドは多々至らぬ所がありましたがm(_ _)mラッキーがいっぱいなツアーでよかったですねえ!お客さん。(まき)

 

2006年3月28日

 本日もくもくレディースデー(笑)もくさんちの末美さん、赤沼さんちのジュンコさん、りょう君ちのカナエちゃん、けんちゃんちのれいかちゃんと私で、イエローフォールスノーシューツアーです。
 みんな日頃の行いが良いので当然(笑)晴れ。
 カナエちゃんは毎日スノーシュー履いて生活してるので(^_^;)歩くの早いし、れいかちゃんはダントツに尻滑りがウマイ!「うちの前でソリやってるから」…(笑)
 末美さんのしゃべりが面白いのは知ってたけど、ジュンコさんが加わると相乗効果が(笑)。
 「次回はどこに行こうかー」レディースデー、シリーズ化が決まりました(笑)(まき)

 

2006年3月29日

 いきなり猛吹雪です。今日のお客さんは3月19日に不動滝ツアーに来ていたリピーターさん。あれ、確か19日も午後から吹雪…。「まさに嵐を呼ぶ男ですね〜(笑)」

 ツアー終わってコンビニ行ったらポロさん(裏磐梯 No.1テレマークスキー指導者)にバッタリ。「いい雪降ったよな〜、この時期にこんな雪ないからなあ。また遊べるな〜」そんなこと言って喜んでるのはポロさんともくもくスタッフだけだー(笑)。真っ黒な顔してるのも(笑)(まき)

 猛吹雪。こんな天気の日に山に行く人はおかしいんじゃないの?
 えっと、お昼ごはん持ったし、スノーシュー履いて、ボードをザックにつけて…ええ、おかしいですから。(笑)
 背中のボードが風を受けて身体ごと飛ばされそうになりながらも、ひたすら歩を進める。そして苦労した先には…パウダー!
 もうすぐ4月だというのにこんなにおいしい雪をいただけるなんて、日頃の行いのなせる業。うんうん。しかも今日はさすがに誰も入ってないので独り占め。
 週末のツアー、いいんじゃない?(りょう)

 

2006年3月30日

 け「吹雪、いいですねー」
 り「興奮してくるよねー」
 “乳酸がたまるのが気持ちいい”乳酸ズ、西大巓へ。スキー場のインフォメーションで「や、山行くんですか?」と驚かれる。案の定、誰も入ってない様子。足首から腰ラッセル。しんどいねー。(このとき2人半笑い)
 西大巓山頂からのパウダーライディング。スプレーが舞い上がるほどの。今朝スキーセンターでご挨拶した雑誌『パウダー』の編集長さん、この乳酸ズの勇姿、いつか載せてくださいね。
 ライディング後は、頑張った自分へのご褒美に『さんじや』のクレープ。(りょう)

※写真は、吹雪の西大巓山頂で樹氷を背にライディング準備をするけんちゃん。

2006年3月31日

 猛吹雪続きます。
 今日は家で洗濯。除雪車は朝から3回くらい来ています。それでもつもるパウダースノー。
 猪苗代に出かけたら、田んぼのとこが突風すごくて前が見えない。「ねえ明日4月来るの〜?」
 「明日は全国的に4月のはずだが〜」
 「また2月が来るんじゃないの〜」(苦笑)深夜、吹雪の中、道路横切る白ウサギが1わ。裏磐梯は真冬です。(まき)

 

[このページの先頭へ戻る]

 -Support by Yoshiji NUNOTA-