更新情報のRSS

裏磐梯日記 2018
裏磐梯日記 2017
裏磐梯日2016
裏磐梯日記2015
裏磐梯日記2014
裏磐梯日記2013
裏磐梯日記2012
裏磐梯日記2011
裏磐梯日記2010
裏磐梯日記2009
裏磐梯日記2008
裏磐梯日記2007
裏磐梯日記2006年4期
裏磐梯日記2006年3期
裏磐梯日記2006年2期
裏磐梯日記2006年1期
裏磐梯日記2005年4期
裏磐梯日記2005年3期
裏磐梯日記2005年2期
裏磐梯日記2005年1期
裏磐梯日記2004年
裏磐梯日記2003年
裏磐梯日記2002年
裏磐梯日記2001年
裏磐梯日記2000年
裏磐梯日記1999年
裏磐梯日記1998年

1999年1月1日

  '99の正月も裏磐梯のバイトで始まった。と、いっても年末からずうううっとバイトだったんだけど。それでも元旦の朝はああ、新しい朝がきたあ、という気分だった。暮れから続いた降雪で白い世界。7時ごろ、初日の出をみようと雨戸を開けたら、ひっ、ほっ、とかすかな鳥の声。ウソだ。おお、オスもメスも、全部で10羽はいるかな。初鳥見がウソとは、こいつは春から縁起がいいやあ、てなもんです。(まき)

 

1999年1月30日

  暖冬かどうかだなんて、冬が終わるまでわからないことだけど、1月に雨が降るってのはうれしくない。
  1月上旬までにしっかり雪が積もったから白い世界はびくともしないが、除雪する道路はアスファルトが出ている。路線バスのチェーンもとれている。
  ワカサギ釣りの始まっている桧原湖の氷、ゆるまないでおくれ、私はまだ今冬、その氷上をクロカンで渡っていない。
  しかし寒波の再来を心待ちにするなんて、私も変わったな。寒いの好き。 (まき)

 

1999年3月29日

  暖かい日が続き雪もどんどん溶け、ふきのとうも顔を出し始めたのでいよいよ春だ!
  と、思っていたらまた一面の雪景色になってしまいました。
  でもこれでツアーが少し永く出来ると思うとついつい顔が“えへへへへ”になってしまいます。(モク)

 

1999年3月31日

  3月31日、ボタン雪。
  3月中旬は雨降ったり晴れて気温が上がったり、フキノトウが咲くは、トリはさえずるは、桧原湖は溶けるは、アオサギが戻るは、カエルは産卵するはで、もうこのまま春になってしまうのかあ、と淋しくなってしまいました。
  冬が去っていくのが淋しいなんて、裏磐梯に住み始めた時には思いもしなかったなあ。
  初めの冬は、冬じゅう雪があることに圧迫感を覚えていたから(私は埼玉うまれです)。
  降り続く雪をみて笑っている3度目の冬です。(まき)

 

1999年4月18日

  もくもくスタッフと常連の人たちでキャンプにやってきた。
  標高800mの裏磐梯はほとんど雪がないけど、尾瀬近いここはまだ雪山。
  会津駒ヶ岳に登る。半月ぶりにスキーをはいた。
  天気上々、山頂からは白い燧ヶ岳、至仏山、平が岳の展望。そりゃもうサイコー。
  しかし、下り、はじめての滑落。
  ケガしなかったけど、同行者には心配かけてしまった。すいません。
  でも行ってよかった。自分の身のほどと、メンバーの頼りがいがわかったから。(まき)

 

1999年4月27日

 この冬、もくもくにオーストラリアからのお客さんが泊まっていた。クロカンを楽しみながらバードウォッチングもしている人だったので、「フィールドガイド 日本の野鳥」を持ってって話そうと思った。
 「オウ!私もこの本、持ってます!」
 そう、この本は英語版も出ている。
 で、夏になると裏磐梯に渡ってくるオオジシギのことを聞いてみた。
 「はい、オーストラリアではマングローブにいます」
 4月20日の晩、檜原湖のヨシ原でオオジシギの声をききました。長旅お疲れさま。(まき)

 

1999年5月13日

 陽射しは夏。だが猫魔ヶ岳は冬の顔をしていた。雄国沼へ下るにつれ、木々の葉が開きはじめていた。
 沢にはミズバショウ、リュウキンカ。湿原にはタテヤマリンドウ。
 雄子沢ルートは更に標高を下げていく。陽に透けてやわらかな黄緑のブナ。時々オオヤマザクラのピンクが混じる。沢の対岸に名もない滝が見えた。登山者の両側を縁取るニリンソウの群落に出会う。思わず声が出るみごとさ。このコースの魅力はニッコウキスゲの時期に限らない!(まき)

 

1999年5月20日

 朝から小雨。それでも蛇平の4人(私も含む)は安達太良を目指した。
 箕輪スキー場下の登山口から上る。
 タムシバ咲くブナ林。エゾハルゼミの抜け殻も幹についていた。 だが登山道のえぐれが激しくなり、足元ドロドロ、霧雨と強風、箕輪山頂が近づくにつれハードな山行となる。予定変更、鬼面山へ。突然雪原を歩くハメになったり、飛ぶトリもふっとばされる風の中、岩にしがみついて下る。雲間にみえた福島盆地は晴れていた。下山口の野地温泉はサイコー。このコースおすすめです。(まき)

 

1999年5月28日

 中津川から秋元湖をガイドしてきた池田君が、ミズナラの枝に果物のようなものが付いているのを見つけ、清水さんはそれをかじってみたそうです。
 私は、「これ何?」と尋ねられて分からず、人に聞きまくった所、ナラリンゴタマバチが、ミズナラに卵を産みつけて、その時に植物を肥大させてなかでかえった幼虫がそれを食べて成虫になる“虫こぶ”と判明。
 地元の60代の方々は子供の頃、“リンゴ”と呼んで食べてたそうな。
 すえみさんと歩いてたら、もくもくの近所にも、これありました。(まき)

 

mushikobu.jpg (4777 バイト)

1999年6月20日

 梅雨です。急ぎの仕事もないので、ずっと家の中にいました。そんな3日目に、近所の人から電話で誘われて、フキ採りに出ました。
 雨降りなのでカッパを着て長ぐつで。採り出せば、か細い雨なぞものともしません。
 帰りに茶色い毛のウサギも見られて、表には出るもんだと思いました。
 夕方、フキの皮をむいて、ゆがくこと30分。翌朝まで水につけておいて、朝起きていちばんにフキを油いため。6月19日にあそびにきた友人に「おいしい」といわれて、うれしい私です。(まき)

 

1999年6月30日

 6月28日から草刈りのバイトをしています。
 刈り払い機って知ってますか?ガソリンを燃料にして、長い棒の先につけた丸いノコギリを回転させ、草を刈っていきます。私の使っている刃はチップソーというタイプで、刃が丸板のへりにチョンチョン付いています。
 現場は岩が多く、しかも草に隠れてます。U字溝のコンクリートの近くとか、アスファルトのへりもやります。こーゆーとこで使うと一日でチップは飛びちる。音もすごいです。火花もでる。(まき)

 

1999年7月19日

 夏休みはバイトが忙しくなる。なのでその前に私は遊ぶ。だから雨でも磐梯山に登るのだ。
 雄国沼のニッコウキスゲも見に行くのだ。温泉に、しかも露天に降られても入るのだ。
 7月15日も雨のなか磐梯山に行った。八方台からの往復だというのに、他に行き会った人は5人だけ。展望ゼロ。
 11:30の山頂、友人と2人だけ。カモシカに会った。カモシカは押立登山道を下山して行った。白いガスの中にゆっくりとその姿が消えた。(まき)

 

1999年8月6日

 今回は、まきの直筆でお送りします。

yuri.jpg (36608 バイト)

 

1999年8月31日

 日射しは強い。けれども風はさらっとして涼しい。山はくっきり見えている。バイト先から磐梯山をみあげながら、「山に泊まりに行きたい」と思っている。
 夜飛ぶドウブツ、コウモリを雄国沼へ探しに行こうよ、と友達にそそのかされて、それであの避難小屋にネブクロかついで泊まってきたらいいかな、と思いついてしまったのだ。ああ思いはつのる。長い夏休みの稼ぎ時から解放される9月は、私の遊び時。
 行くぜ磐梯・吾妻の山々へ!(まき)

 

1999年9月29日

 9月27日、28日吾妻縦走してきました。スエミさんおすすめの谷地平(私も行きたかった)に下り、大倉新道を登って東大巓の山々を見渡せる谷地平の湿原は気持ちいい。
 いっぱい休みながらも、1時40分ころ明月荘着。弥兵衛平の湿原のはずれまで、サンダルつっかけて散歩。米沢市、飯豊、朝日、月山、鳥海、蔵王が一望。夕陽は飯豊の左手に沈んでいきました。天の川をながめてから寝ました。
 翌日も上天気。ササや針葉樹に赤、黄の混じる高山的紅葉、エゾオヤマリンドウの青、クロマメノキの味、これぞ秋の楽しみ。西大巓からは我が家が見え、もくもくは山にさえぎられて見えないものの、メンバー3人とも村民だったので、「もう帰ってきちゃったね」感覚で下山しました。(まき)

 

1999年10月13日

 10月4日から6日、飯豊山に行ってきました。磐梯山から、雄国山から、デコの遊歩道から喜多方へ行く道から、いろんな所から雪をいただいたその山姿は見ていたものの、歩くのははじめてで、それだけでもうれしい。
 山都町の川入から登り、ブナの森を抜けていく。三国岳の手前に岩稜・くさり場。えっ、飯豊ってこういう山なのっ。泊まる小屋へ着くまでにもくさり場。翌日飯豊本山へ行くにも"御秘所"と言う名前のくさり場。帰路も同じだったので、3回びびった私。天気は割とめぐまれて、飯豊からの磐梯山も見られました。紅葉も美しかった。(まき)

 

1999年10月27日

 土湯峠を越えて、福島市に買い物に行きました。夕方、ようよう峠を越え、猪苗代町まで戻ってきた。
 稲穂かがやく田んぼが出てくりゃ、もう自分の生活圏内に入ったようなもの。その時、車から白い煙が上がり、バチッと音がして減速しだした。やばい、爆発するのか?ハラハラしつつ、路肩に寄せて止める。てくてく歩いてドライブインからJAFに電話。
 日は落ちて、まっ暗。Tモータースさんが来た。「エンジンだめだね。廃車かね〜」、私は修理をお願いして、猪苗代から裏磐梯まで歩いて帰った。車で20分、歩けば3時間。
 10月だというのに、道端にたくさんホタルが光っていた。(まき)

 

1999年11月10日fuu.jpg (9969 バイト)

 村の企画で桧原湖の西の山の尾根から北側の湖畔を散策した。私はスエミさんに誘ってもらって参加した。
 風が弱く天気もよく、野鳥の森の展望台からは裏磐梯のひろがりや、安達太良山や西大巓がくっきりみわたせた。頂上は霧氷だ。
 すっかり落葉した森は展望がきいてよかったし、足元の大量の落葉をまきあげてスミエさんは喜々としていた。ねっころがるとフカフカで気持ちよかった。
 桧原湖北岸のとりいは磐梯山の噴火で湖に沈んだ村のものだ。湖の水位が上がってくるたびに高い方へ3回くらい移されてるそうだ。歴史やなあ。(まき)

 

1999年11月19日

 しし座流星群の頃は、天気が良くないことを発見しました。去年も雲って見られなかったし、今年も夜11:00から2:00まで起きていたのですが、東の空はついに晴れませんでした。TVや人の話では、1時間に何10個も流れるそうですが、私は未だ1つも見ていません。24日頃まで、観測できるそうだからもうしばらく夜空をみあげていよう。
 そうそう、星は降らなかったけど、11月17日に初雪が降りました。一進一退で冬が近づいています。(まき)

 

1999年12月11日

 東京の五日市にいます。あったか〜い。紅葉も今が盛り。
 昨日、裏磐梯を出た時も晴れていましたが、雪がつもってたし、土湯沢の温度表示も3℃くらいでした。裏磐梯の紅葉、今年は11月3日頃がピークだったから、1ヶ月以上もこの辺より早いんだな。
 冬がいちばん、他の土地との差を感じます。もうスキーもできますよ。
 そうだ、昨日、バスがなくて五色沼から土湯沢すぎまで歩いて下ってたら、猫魔スキー場のおじさんにひろってもらいました。長坂あたりで前を走る車に合図して止めると、「あの人、猪苗代へ行くから、のせてもらいな」と、突然ヒッチハイクリレーになりました。2人のおじさん、ありがとう。(まき)

 

1999年12月30日

 12月10日まで10cmくらいの雪だったのに、ちょっと出かけて14日に帰ってきたら、更に積もって20cmくらいになっていた。
 出先が関東だったのでフツーの靴だから、家に入るのに足がぬれた。ドアをあける前に雪かきをしなければならなかった。
 16日から雪が続いて、20日には70cmくらいになった。けれど雪がふかふかなので、まだクロカンの板ははいていない。
 どうしたってんだ、この冬は。大雪になるのかな。
 遅ればせながら、18日にタイヤ交換。手伝ってもらいながらだったけど、自分でできた。うれしい。
 走っている最中にタイヤが転がっていかないよう、祈る。(まき)

 

[このページの先頭へ戻る]
 

 -Support by Yoshiji NUNOTA-